Zepp Baseball スイングセンサー

写真:Zepp Baseball  スイングセンサー ImagePhoto
写真:Zepp Baseball  スイングセンサー ImagePhoto

アプリと連携する野球のバットスイング解析用3Dモーションセンサー

特長

3Dモーションキャプチャーでスイングを解析

Zepp Baseball スイングセンサーは、ポータブルの3Dモーションセンサーを内蔵し、バットスイングのリアルタイムフィードバックと解析機能を持った製品です。2つの加速度センサーと3軸ジャイロセンサーを利用して、バッティング速度、ヒットゾーン時間、ヒット時の角度、スイング軌道を解析して割り出します。独立した3つのセンサーを内蔵しているので、極めて高い精度で計測することができます。

画像:3Dモーションキャプチャーでスイングを解析

Bluetoothでアプリケーションと連携

専用のアプリケーションを使って、スイングを自動的に保存することができます。無料で作成できる専用のアカウントに、ユーザーの身長、ハンディキャップ、利き手、グリップの握り方、グリップの位置などを設定できます。また、所有しているクラブの種類、シャフトの種類、クラブの長さなどを設定して、登録することができます。

画像:Bluetoothでアプリケーションと連携

バットに簡単装着、約19gの超軽量設計

Zepp Baseball スイングセンサーは、バットのグリップエンド部に付属マウントを使用して取り付けます。シンプルな取付方法なので、ほとんどのバットに取り付けることができます。また、マウントと合わせて約19gの超軽量設計なので付けていても重さを気にすること無く使用できます。

スイングガイダンス機能

記録したスイングの情報は、3Dアニメーションで表示されます。記録したデータを元に「バッティング速度」、「ヒットゾーン内タイム」、「ヒットゾーン内タイム率」、「ヒット時の角度(縦・横)」などを解析できます。

専用アカウントを使ったクラウド同期

記録したスイングは、専用のアカウントを使ってクラウド上にアップすることができます。iPhoneとiPad、iPod touchとiPhoneなど複数のデバイスを使用する場合でも、記録したデータを同期して同じ状態に保つことが可能です。また、アプリ内のカレンダーにもスイングが記録されているため、過去にさかのぼって解析データを参照することができます。

専用クレードルとUSBケーブルで充電

Zepp Baseball スイングセンサーは、内蔵バッテリーで動作します。充電は製品に付属する専用クレードルとUSBケーブルを使って行います。USB電源から充電するので、コンピュータや市販のUSB電源アダプタ、ポータブルバッテリーなどを使って充電することも可能です。


主な仕様

基本スペック サイズ 約W28.0×H28.0×D11.0mm
重さ 約19g(マウント取り付け時)
対象機種 iPhone4s以降、iPad第2世代以降、iPod touch第4世代以降、各種スマートフォン、タブレットなど
※iOS 7以上
※Android 4.0以上
付属品
バットマウント×1、専用充電器×1

ご購入はこちら



関連情報