1. Libero S10
  2. 電話/電話帳
  3. 電話をかける/受ける

電話をかける/受ける

直接ダイヤルして電話をかける方法や、かかってきた電話の受けかた、着信中/通話中にできることを説明します。

i電話機能について

緊急通報位置通知について

緊急通報を行うと、お客様が発信した際の位置情報を緊急通報受理機関(警察など)へ通知します。このシステムを「緊急通報位置通知」といい、受信している基地局測位情報を元に算出した位置情報を通知します。

  • お申し込み料金、通信料は一切かかりません。
  • お客様の発信場所や電波の受信状況によっては、正確な位置が通知されないことがあります。必ず口頭で、緊急通報受理機関へお客様の発信場所や目的をお伝えください。
  • 「184」を付けて発信するなど、発信者番号を非通知にして緊急通報を行ったときは、位置情報は通知されません。ただし、人命などに差し迫った危険があると判断したときは、緊急通報受理機関がお客様の位置情報を取得することがあります。
  • 国際ローミングを使用しているときは、位置情報は通知されません。
 

VoLTEへの対応について

本機は、VoLTEおよびHD Voiceに対応しており、より高品質な音声通話を行うことができます。詳しくは、「VoLTEを利用する」および「HD Voiceについて」を参照してください。

?こんなときは

Q.通話しづらい
A.騒音がひどい場所では、正しく通話ができないことがあります。
A.スピーカーで通話するときは、通話音量を確認してください。通話音量を上げると通話しづらくなることがあります。
Q.通話中に「プチッ」と音が入る
A.移動しながら通話していませんか。電波が弱くなって別のエリアに切り替わるときに発生することがあります。故障ではありません。

!緊急通報のご注意

ご利用可能なエリアについて

本機の緊急通報は、ワイモバイルサービスエリア内でのみご利用になれます。

 

機内モードについて

機内モードを設定していると、緊急通報ができませんのでご注意ください。

電話をかける

1

  • ホーム画面でlibero-s10_icon_003(電話)

電話画面が表示されます。

2

  • libero-s10_icon_200

電話番号発信画面が表示されます。

3

  • ダイヤルキーをタップして相手の電話番号を入力

  • 一般電話にかけるときは、市外局番から入力してください。

4

  • libero-s10_icon_201

電話がかかります。相手が電話を受けると、通話ができます。

5

  • 通話が終了したらlibero-s10_icon_202

通話が終了します。

+画面がロックされた状態で、緊急通報する

  • ロック画面を上にフリック/スワイプ
  • 緊急通報
  • 電話番号を入力
  • libero-s10_icon_203
  • 画面ロックの解除方法を、スワイプ以外に設定しているときのみ利用できます。画面ロック解除方法の設定については「セキュリティと現在地情報の設定」を参照してください。

?こんなときは

Q.電話が繋がらない
A.相手の電話番号を市外局番からダイヤルしていますか。市外局番など、「0」で始まる相手の電話番号からダイヤルしてください。
A.電波状態が悪くありませんか。電波の届く場所に移動してからかけ直してください。

電話画面の見かた

 
  1. 連絡先を検索します。
  2. 相手の名前や電話番号を表示します。
  3. 発着信の状況や件数などを表示します。
  4. 連絡先に登録した画像を表示します。
  5. クイックアクセスに登録された連絡先を表示します。
  6. 設定メニューを表示します。
  7. 音声で連絡先を検索します。
  8. 相手に電話をかけます。
  9. ダイヤルキーを表示します。
  10. 通話履歴を表示します。
  11. 連絡先を表示します。
 

電話を受ける(画面消灯時)

1

  • 電話がかかってきたらlibero-s10_icon_204を上にフリック/スワイプ

通話ができます。

2

  • 通話が終了したらlibero-s10_icon_202

通話が終了します。

+電話着信時の操作

着信音を止める

  • 着信中に音量大/小キーを押す
 

着信を拒否する

  • 電話がかかってきたらlibero-s10_icon_204を下にスワイプ

電話を受ける(画面点灯時)

1

  • 電話がかかってきたら電話に出る

通話ができます。

2

  • 通話が終了したらlibero-s10_icon_202

通話が終了します。

通話画面の見かた/通話中の操作

通話中は、アイコンをタップすることにより、次の機能が利用できます。

 
  1. 連絡先に登録している画像が表示されます。
  2. 相手の名前/電話番号が表示されます。
  3. 高音質通話中に表示されます。
  4. 通話を追加します。
  5. 相手に音声が聞こえないようにします。
  6. 通話を終了します。
  7. 通話時間が表示されます。
  8. 通話を保留します。
  9. 連絡先を表示します。
  10. スピーカーを使って通話します。
  11. ダイヤルキーを表示します。
 

通話音量を調節する

ここでは通話中に通話音量を調節する方法を説明します。

1

  • 電話がかかってきたら、libero-s10_icon_204を上にフリック/スワイプ

通話ができます。

2

  • 音量大/音量小キーを押す

通話音量が調整されます。

スピーカーフォンに切り替える

1

  • 通話中にスピーカー

スピーカーフォンに切り替わります。

通話中に電話帳を確認する

1

  • 通話中に連絡先

電話帳が表示されます。

簡易留守録を利用する

1

  • ホーム画面でlibero-s10_icon_003(電話)

2

  • libero-s10_icon_435

3

  • 設定

4

  • 通話設定
  • 簡易留守録

簡易留守録設定画面が表示されます。

5

  • 簡易留守録libero-s10_icon_500表示)

簡易留守録設定が完了します。

+簡易留守録の応答時間を設定する操作

  • 簡易留守録設定画面で鳴動時間
  • 応答時間を設定
  • OK
  • 電話着信時に、設定した簡易留守録の応答時間が経過する前に着信が切断されてしまう場合は、着信転送サービスの利用を停止してください。着信転送サービスについて詳しくは、「着信転送サービスを利用する」を参照してください。

VoLTEを利用する

VoLTE(Voice over LTE)とは、LTEを利用した音声通話システムです。従来の3G回線での音声通話と比べて、より高音質な通話や呼び出し音が鳴るまでの時間の短縮などが可能になります。

  • ソフトバンク/ワイモバイルのVoLTE対応機との間で利用できます。また、本機/相手機共に、SoftBank 4G LTE(FDD LTE)サービスエリア内にいること、「LTEを利用した音声通話」および「4Gを利用する」設定が有効であること、の両方を満たすことが必要です。
  • VoLTE国際ローミングの対象国・地域については「サービスページ」を参照ください。

+VoLTEを利用しないようにする

  • ホーム画面を上にフリック/スワイプ
  • libero-s10_icon_001(設定)
  • ネットワークとインターネット
  • モバイルネットワーク
  • 詳細設定
  • VoLTE Callを有効にするlibero-s10_icon_400表示)
  • VoLTE Callを有効にするをタップするたびに、有効(libero-s10_icon_401)/無効(libero-s10_icon_400)が切り替わります。

!VoLTE利用時のご注意

VoLTEは4Gサービスを利用します。本機の4Gサービスが無効になっているときは、利用できません。VoLTEが利用できないときは、次の操作で4Gサービスが有効(libero-s10_icon_205)になっているかどうかを確認してください。
ホーム画面を上にフリック/スワイプ→libero-s10_icon_001(設定)→ネットワークとインターネット→モバイルネットワーク→詳細設定→優先ネットワークタイプ

  • 4G/3G/2G 自動が無効(libero-s10_icon_206)になっているときは、タップして有効(libero-s10_icon_205)にしてください。

HD Voiceについて

HD Voiceは、低音から高音まで幅広い範囲の音域に対応しており、より自然でクリアな音声通話が可能になります。

  • ソフトバンク/ワイモバイルのHD Voice対応機との間で利用できます。
  • HD Voiceは、VoLTEおよび3G回線に対応しています。VoLTEと組み合わせることで、さらに高い品質の音声通話が可能になります。