ワイモバイルの法人さま向けサイト。ビジネスでもワイモバイル
ご検討・ご購入の方 サポート窓口

分計サービス

ビジネス利用とプライベート利用の請求を分けるサービス。

  • ※ 当サービスは2020年7月末をもちましてサービスの提供を終了します。
  • ※ 表示価格は特に記載がない限り税抜きです。

用途別に請求を分割し、発行。

対応機種 AQUOS Phone ef , AQUOS Phone es , DIGNO DUAL 2 , DIGNO DUAL , ケータイ(PHS)

概要

電話をかけるときの簡単なボタン操作で、通話料の請求先を分けることができます。

ご利用イメージ・構成

ご利用イメージ・構成

  • 仕事で使った通話料金は会社へ、プライベートで使った通話料金は使用者個人へ請求書をお送りする、といった使い方ができます。

料金

月額料 200円 / 1分計契約ごと
  • ※ 分計発信の有無にかかわらず、月額料がかかります。
  • ※ 月途中の加入・解約の場合にも、日割り請求とはなりません。
  • ※ 分計先に請求書発行手数料(100円/通)がかかります。

ご注意事項

  • ※ 分計に対応した電話機が必要です。
  • ※ 操作方法は電話機によって異なります。取扱説明書でご確認ください。
  • ※ 月額料は主計先に請求されます。
  • ※ 分計発信の有無にかかわらず、月額料がかかります。
  • ※ 月途中の加入・解約の場合にも、日割り請求とはなりません。
  • ※ 月額料(料金プラン、オプションサービス、付加サービス)・明細書発行手数料・コンテンツの情報料などは主計先に請求されます。
  • ※ 分計先に請求されるのは、分計分の通話料金や請求書発行手数料(100円/通)となります。
  • ※ 無料通話を含む料金プランをご利用の場合、無料通信分は主計先への適用となります。
    ただし、「だれとでも定額」をご利用の場合は、10分以内の通話無料は分計先にも適用されます。また、1請求月あたり500回のカウント対象は主計と分計の通話回数の合計となります。
  • ※ 無料通話回数を超えた場合は、主計、分計の区別なく10分以内の通話に通話料が発生します。
  • ※ パケット方式によるデータ通信やEメール、サイト閲覧、ライトメール、電話会議利用料などは、当サービスをご利用いただけません。
  • ※ コンテンツサービス等の情報料回収代行を利用された場合、通話料については分計先に請求されますが、情報料については主計先に請求されます。
  • ※ ケータイ(PHS)によっては一部サービスご利用時に「分計サービス」が利用できないものもあります。