電話会議サービスAIR-CONFERENCEの開始について

プレスリリース 2005年11月22日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

電話会議サービスAIR-CONFERENCEの開始について

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:八剱 洋一郎)およびウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)は、2005年12月1日よりウィルコムご契約者を対象に、電話会議サービスAIR-CONFERENCEを開始いたします。主催者のお客さまはお持ちのPHSを使い、いつでもどこでも最大48人名との電話会議が可能になります。また、ウィルコム定額プランをご利用の場合、参加中の通話料は無料となります。
 本サービスのご利用により、PHSを使ってのビジネスの世界がさらに広がります。
 詳細は下記のとおりです。


1. AIR-CONFERENCEサービスの特長
 ウィルコムご契約のお客さまにお申込みいただけます。会議毎のウィルコムへの予約は不要。24時間いつでも予約なしで会議・緊急打合せなど幅広くご利用いただけます。
 参加者は国内、海外、PHSや固定電話を問わずアクセス番号にダイヤル、パスコードを入れるだけというシンプルな流れで会議への参加が可能です。ウィルコム定額プランをご利用の参加者は会議中の通話料無料です。また、参加者の通話料を、電話会議サービスの契約者が負担できる着信者課金サービスに対応したアクセス番号もご用意しています。
2. AIR-CONFERENCEお申込みの流れ
(1) WILLCOM契約者からのお申込み
(2) 申込み受付後、1週間から10日で開通通知(郵送)により下記をご案内
・ クライアントID 
・ 主催者パスコード
・ 参加者パスコード
・ アクセス番号
・ 着信者課金サービス番号
(3) サービス利用開始
3. AIR-CONFERENCEご利用の流れ
(1) 主催者は事前に、参加者へ会議の日時、アクセス番号、参加者パスコードをお知らせ(このときウィルコムへの会議予約は不要)
(2) 会議日時に主催者・参加者共にアクセス番号に電話をし、音声ガイダンスに従いそれぞれ主催者パスコードまたは参加者パスコードを入力
(3) 名前を告げて会議に参加
4. ご利用料金
お申込み費用 無料
基本料 無料
電話会議サービス
利用料
参加1回線ごとに¥21(税込)/分
通話料
ウィルコム定額プラン加入者からは専用ダイヤル(*2110)にて通話料無料
ウィルコム定額プラン以外の料金コースは専用ダイヤル(*2110)にて¥10.5/30秒
固定電話や携帯電話などウィルコム以外からは東京23区までの通話料
着信者課金サービス
利用料
国内・国際着信者課金サービスは別途定める料金表にて従量課金(契約者に請求)
会議の契約者が負担する料金:参加者全員の会議利用料、着信者課金アクセス番号を利用した通話料
会議の参加者が負担する料金:通話料(着信課金サービスを利用した利用料を除く)
当社規定の番号へダイヤルされた際に限り上記料金は適用されます。
会議利用料と着信者課金サービス利用時の通話料は、ご利用の翌料金月の請求となります。
【料金試算】
基参加人数:4人
会議時間:60分
主催者:ウィルコム定額プランPHS
参加者:ウィルコム定額プランPHS
利用料¥21 × 60(分)× 4(名) + 通話料¥0= ¥5,040(税込)

5. サービス開始日

2005年12月1日(木)

6. お申込み・お問合わせ先

ワイモバイルサービスセンター
ウィルコムの電話から[局番なしの] 116
一般加入電話・公衆電話から 0120-921-156
(携帯電話・PHSからもかけられます)

以 上