「ユニバーサルサービス料」について

プレスリリース 2006年11月30日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

「ユニバーサルサービス料」について

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹)およびウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)は、電気通信事業法に定められた電話の「ユニバーサルサービス制度」※1の運用開始に伴い、弊社PHSサービスをご契約いただいているお客さまに2007年1月ご利用分から、「ユニバーサルサービス料」のご負担をお願いすることといたしましたので、お知らせいたします。
 「ユニバーサルサービス制度」とは、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)および西日本電信電話株式会社(NTT西日本)が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を全国で公平かつ安定的に利用できる環境を確保するため、必要な費用を電話会社各社が協力し、応分に負担する電気通信事業法に設けられた制度であり、11月22日(水)、総務省は「ユニバーサルサービス支援機関」※2からの申請に対し、NTT東日本、NTT西日本への補填額等について認可いたしました。
 ウィルコムはこの認可を受け、お客さまに「ユニバーサルサービス料」として、ユニバーサルサービス支援機関が公表した1番号当たり7円(税込7.35円)/月※3をご利用料金など月々の請求時にご負担いただき、負担金額全額をユニバーサルサービス支援機関に支払うことといたします。
 お客さまにおかれましては、ユニバーサルサービス制度についてご理解いただき、ご協力を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

1 ユニバーサルサービスの提供確保に必要な費用が不足した場合に、その費用を一定規模以上の電話会社全体で応分に負担する仕組みです。
2 ユニバーサルサービス制度の運営に携わることを目的に設立された機関です。総務大臣から「ユニバーサルサービス支援機関」(基礎的電気通信役務支援機関)として「社団法人 電気通信事業者協会」が指定されています。
3 ユニバーサルサービス支援機関が公表している番号単価です。1番号当たり7円(税込7.35円)/月は2006年6月末の番号総数をベースに算定されたもので、2007年1月から2007年6月まで適用されるものです。2007年7月から2007年12月の番号単価は、2007年1月末の番号総数で再度見直される予定です。
以 上