PHS高度化通信規格「W-OAM」の高速化について

プレスリリース 2007年1月22日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

PHS高度化通信規格「W-OAM」の高速化について

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹)およびウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)は、PHSの高度化通信規格である「W-OAM」(ダブリュー・オー・エー・エム)をさらに高速化し、「W-OAM typeG」(ダブリュー・オー・エー・エム タイプジー)として、2007年春に対応端末を発売いたします。
 「W-OAM typeG」は、これまでの「W-OAM」の「8PSK」、「QPSK」、「BPSK」の3つの変調方式に加え、「64QAM」、「32QAM」、「16QAM」というさらに高速な3つの変調方式にも対応いたしました。これまでの「W-OAM」に比べ、速度が向上するとともに、電波の状態に応じた変調方式の切り替えをより速く自動的に選択するシステムを有しており、変調方式の切り替えがよりスムーズに実施されます。
 「W-OAM typeG」は以下の特長があります。
【1】最大512kbpsの速度でのモバイルデータ通信が可能
【2】遅延速度(RTT)が大幅に改善され、よりレスポンスの速いデータ通信が可能

 2007年春に「W-OAM typeG」の対応端末「AX530IN」(ネットインデックス製)の販売を予定しております。お客さまは「W-OAM typeG」対応端末をご利用いただくことで、当面は最大512kbpsのデータ通信をご利用いただけるようになります。2007年度以降、順次PHSの基地局回線を大容量通信の光IP化することにより、対応端末、月額料金はそのままで約800kbpsのデータ通信が可能となります。
 ウィルコムは今後もさらに快適なデータ通信サービスをご提供できるよう、幅広い高速・快適化に取り組んでまいります。
 詳細は下記の参考資料をご参照ください。


参考
高度化通信規格「W-OAM」の進化について
(1) 概要
ウィルコムでは、各種通信サービスをより速く、より快適にお使いいただけるよう、通信利用の多い地域から順次、高度化通信規格「W-OAM」に対応した基地局の導入を進めております。2007年春以降、「W-OAM」をさらに高速化させ、「W-OAM typeG」として提供いたします。この高速化により、対応基地局エリア内で「W-OAM typeG」対応端末をご利用の場合、8xパケット方式では最大512kbpsの通信速度でのデータ通信が可能となります。また、電波状態に応じて自動的に変調方式を切り替えることで、より安定性のある通信を行うことも可能となります。
また、ウィルコムでは今回の高速化導入による月額料金の変更は実施いたしません。データ通信定額制に代表される現在の料金体系、月額料金はそのままで、より快適・高速なデータ通信サービスを提供いたします。
(2) 料金
「W-OAM typeG」のご利用による月額料金の変更はございません。
(3) 対応端末
「W-OAM typeG」のご利用には対応端末が必要となります。端末の発売時期は以下のとおりです。
AX530IN(ネットインデックス製) 2007年春発売予定
(4) 「W-OAM typeG」対応エリア
「W-OAM」対応エリアであればご利用いただけます。(最大速度512kbps時)
■ W-OAM typeG(ダブリュー・オー・エー・エム タイプ ジー)について
PHSの高度化通信規格
電波の状態に応じて、より高速な変調方式を自動的に選択する通信規格。これまでの「W-OAM」の「8PSK(8-Phase Shift Keying)」、「QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)」、「BPSK(Binary Phase Shift Keying)」の3つの変調方式に加え、より高速な変調方式である「64QAM(64Quadrature Amplitude Modulation)」、「32QAM(32Quadrature Amplitude Modulation)」、「16QAM(16Quadrature Amplitude Modulation)」にも対応。電波状態が良好な時には、より高速な変調方式によるデータ通信が可能。また、電波の状態に応じた変調方式の切り替えがより高速で実施されることにより、常に最良の変調方式を利用し、安定したデータ通信を実現。
【W-OAM typeGによる高速化の実現】
2007年度以降、バックボーンネットワークを大容量の光IP化することにより、「W-OAM typeG」はさらに進化、高速化いたします。基地局回線IP化後の通信速度は以下のとおりです。
変調方式 4xパケット方式 8xパケット方式
16QAM 約250kbps 約500kbps
32QAM 約320kbps 約640kbps
64QAM 約400kbps 約800kbps
(各通信方式における最大速度)
※基地局回線IP化については、2007年度以降、都市部を中心に順次広げてまいります。
以 上