ウィルコムのW-ZERO3シリーズ向けに Windows Live for Windows Mobileを提供開始 ~ 世界初、Windows Liveサービスを統合したソフトウェアをウィルコムに提供 ~

プレスリリース 2007年4月11日

マイクロソフト株式会社
オンラインサービス事業部
ウィルコム

ウィルコムのW-ZERO3シリーズ向けに
Windows Live for Windows Mobileを提供開始
~ 世界初、Windows Liveサービスを統合したソフトウェアをウィルコムに提供 ~

ウェブプラットホームWindows LiveTM 及びインターネット ポータルサイトMSN®を運営するマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、以下マイクロソフト)オンラインサービス事業部とウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長 喜久川 政樹、以下 ウィルコム)は、「Windows Mobile 5.0」搭載のウィルコム のスマートフォンW-ZERO3シリーズ(WS003SH/WS004SH/WS007SH)全機種向けに「Windows Live Messenger」、「Windows Live Hotmail」、「Windows Live Spaces」「Live Search」が利用可能な「Windows Live for Windows Mobile」を提供することに合意し、4月11日より、ダウンロードサービスを開始します。
今回、マイクロソフトとして「Windows Live for Windows Mobile」を提供するのは、ウィルコムのW-ZERO3シリーズ向けが世界で初めてとなります。
※W-ZERO3向けサイト(http://menu.clubh.ne.jp) ⇒ ダウンロード ⇒ Windows Live
ウィルコムのW-ZERO3シリーズの上にリリースされた「Windows Live for Windows Mobile」は「PCでもモバイル端末でも利用できる」Windows Liveのモバイル戦略の一部として、アクセスポイントに限らずいつでもどこでも利用できる「ソフトウェア + サービス」の展開の大きなステップとして位置づけています。
今回、ウィルコムのW-ZERO3シリーズにこれらのサービスを提供することで、これまで以上に日本のユーザー向けに「Windows Live for Windows Mobile」の利便性向上が図れるものと考えております。
また、今回の「Windows Live for Windows Mobile」の提供により、自宅で利用しているHotmailが、W-ZERO3シリーズで外出先でもそのままOutlookメールで確認、利用することが可能となります。これは、「PCと同等の環境をモバイル端末で実現する」というウィルコムがW-ZERO3シリーズで追求するオープンプラットフォーム戦略を推進するもので、ウィルコムにとっても大きな意味を持つものと考えております。
詳細は下記をご確認ください。

参 考
「Windows Live for Windows Mobile」の特徴は以下のとおりです。
1. 提供可能サービス:
Windows Liveを代表する3つのコミュニケーションサービス「Windows Live Messenger」、「Windows Live Hotmail」、「Windows Live Spaces」と検索サービス「Live Search」がアプリケーションとして一体化されたWindows Mobile端末専用ソフトウェアです。
1) Windows Live Hotmail:
Windows MobileのデフォルトメールアプリケーションOutlookメールのプラグインとして動作するので、Outlookメールの利用方法とエクスペリエンスをそのまま通じて「Windows Live Hotmail」をアクセスし、「新着メール受信通知」、「メール及び連絡先の同期」、「迷惑メールの駆除」などの機能を利用できます。
2) Windows Live Messenger:
ウィルコムのW-ZERO3シリーズの両手で入力できるQWERTY配列のスライド式キーボードを活用してメッセンジャーの特徴であるリアルタイムな会話を楽しむ事ができます。そして、今まで携帯端末で実現できなかった「画像送信」、「ファイル送信」、「音声メモ」、「シェイク」などの機能が利用できます。
3) Windows Live Spaces:
Windows Mobile内の画像をワンクリックで自分のスペースのフォトアルバムへ送る事ができます。また、メッセンジャーのメンバーリストから友達のスペースを観覧できます。
4) Live Search:
Live Searchの検索機能を利用してウェブ検索、ニュース検索、スペース検索ができます。
2. 提供形態:
「Windows Live for Windows Mobile」はWindows Mobileのインターネットブラウザの上で展開及び提供されるサービスではなく、アプリケーションの形で利用される様にデザインされているので端末と親密に融合されたエクスペリエンスで各Windows Liveサービスを専用のサイトからダウンロードし、無料で利用可能です。
* パケット料金等の通信費は別途かかります。
3. ダウンロード・利用方法:
1) Internet Explorer Mobileを立ち上げる
2) W-ZERO3向けサイト(http://menu.clubh.ne.jp) に接続
3) ダウンロードリストから「Windows Live」をクリック
4) サービスの詳細ページからダウンロードをクリック
5) ダウンロードされたファイルを実行してインストール
6) サインインの順番に従ってサービス環境をセットアップ
7) Windows Liveサービスにサインインして利用
4. 対応端末:W-ZERO3シリーズ(WS003SH、WS004SH、WS007SH)
5.  その他:東京国際フォーラムで開催される「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」(4月12日・13日)において、「Windows Live for Windows Mobile」のデモ展示を行なう予定です。是非、ご来場いただき体感してください。

<MSN (http://jp.msn.com) / Windows LiveTMについて>
MSN/Windows Live は、全世界の 47市場で展開、21言語に対応し、毎月世界中の 4億6,500万人以上のユーザーに利用されているインターネット ポータル サービスです。日本では、国内最大規模の 614万人が利用する MSN Hotmail や、560万人が利用する MSN メッセンジャー/Windows Live メッセンジャーを始め、MSN スペース/Windows Live スペース、MSN マネーなど毎月4,400万人のユーザー(ブラウザ ベース)に利用されています。Windows Live は、インターネット サービスとソフトウェアで構成される個人向け新サービスです。PC やそのほかのデバイスへ Web を経由して提供される、より安全かつセキュリティ レベルの高い機能を活用して、ユーザーにとって最も関心のある連絡相手、情報および興味などが、ひとつに統合されます。MSN とWindows Live は相互を補完しあうサービスとして、並行して提供されます。2005年11月1日より、Windows Live サービスの初期ベータ版の一部が公開されています。
これらベータ版ならびに今後のベータ版のアップデート情報に関しては、こちらのサイトをご参照ください。http://ideas.live.jp

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。
 マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/japan/
 マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/
* Microsoft 、MSN、Hotmail、Windows Live、Windowsは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
以 上