“Advanced/W-ZERO3 [es]”およびブラウザ搭載電話機からの「WILLCOM Sync Mobile」サービス開始について

プレスリリース 2007年7月19日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

“Advanced/W-ZERO3 [es]”およびブラウザ搭載電話機からの
「WILLCOM Sync Mobile」サービス開始について

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹)およびウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)は、「WILLCOM Sync Mobile(ウィルコムシンクモバイル)」につきまして、現在の対応端末であるW-ZERO3シリーズ(WS003SH、WS004SH、WS007SH)に加え、Microsoft® Windows Mobile® 6 Classicを採用した新製品、“Advanced/W-ZERO3 [es]”(型番:WS011SH)からのご利用についても、本日より可能となりますので、お知らせいたします。
 また、ウィルコムのブラウザ搭載電話機(※)につきましても、2007年7月26日(木)より、本サービスの対応を開始いたします。

(※対応端末: AH-K3001V、AH-K3002V、AH-J3001V、AH-J3002V、AH-J3003S、WX300K、WX310K、WX320K、WX310SA、WX310J、9(nine)、WX321J、WX320T)

 「WILLCOM Sync Mobile」は、Microsoft Exchange ServerやLotus Notes/Dominoを、すでにご利用の法人さまが、外出先でメールやスケジュールを確認できるサービスです。
 W-ZERO3シリーズでは、EメールのPush配信(WS004SH、WS007SH)、リモートデータ消去(WS004SH、WS007SH)に加え、汎用OSを搭載したスマートフォンならではのご利用が可能になっております。“Advanced/W-ZERO3 [es]”(WS011SH)からのEメールPush配信つきましては、2007年7月末頃の対応開始を予定しております。(※リモート消去への対応につきましては、提供環境が整い次第、弊社ホームページ等でご案内します。)
 また、ウィルコムのブラウザ搭載電話機をご利用の場合は、電話機のブラウザからのご利用になります。電話機にデータを残さないので、より気軽に安心してグループウェア連携をご利用いただくことが可能になります。
 今回、新製品の“Advanced/W-ZERO3 [es]”およびウィルコムのブラウザ搭載電話機が対応端末に加わることにより、お客さまはデバイスの選択の幅がさらに広がります。
 

<参考>
■「WILLCOM Sync Mobile」機能一覧


WS003SH WS004SH
WS007SH
WS011SH ブラウザ搭載
電話機
Exchangeサーバとの同期 Exchange2000、2003
Dominoサーバとの同期 NotesDominoR6、R7との同期
POPサーバの参照 POPサーバからのメール参照
※インターネットに公開されている場合のみ
メール グループウェアから同期したメールを送受信する
ブラウザからの利用
予定表 グループウェアから同期した予定表を表示する
ブラウザからの利用
連絡先 グループウェアから同期した連絡先を表示する
ブラウザからの利用
仕事 グループウェアから同期した仕事を表示する
ブラウザからの利用
メモ グループウェアから同期したメモを表示する
ブラウザからの利用
リモートデータ消去
-
今後、対応予定
-
Push機能 PushによりSyncを行う -
7月末より
対応予定
-
※網掛け:今回新たに対応となった端末

以 上