「ユニバーサルサービス料」の改定について

プレスリリース 2007年12月4日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

「ユニバーサルサービス料」の改定について

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹)およびウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)は、電気通信事業法に定められた電話の「ユニバーサルサービス制度」の番号単価改定に伴い、弊社PHSサービスをご契約いただいているお客さまにご負担をお願いしております「ユニバーサルサービス料」を、2008年1月ご利用分から1番号あたり月額6円(税込6.3円)に改定いたします。
 「ユニバーサルサービス制度」とは、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)および西日本電信電話株式会社(NTT西日本)が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を全国で公平かつ安定的に利用できる環境を確保するため、必要な費用を電話会社各社が協力し、応分に負担する電気通信事業法に設けられた制度です。
 本年11月に、総務省はNTT東日本・西日本へのユニバーサルサービスの交付金等の認可を行いました。これに伴い、社団法人電気通信事業者協会が、2008年1月からユニバーサルサービス制度の番号単価を6円に改定することを発表しました。当社は、これを受け「ユニバーサルサービス料」を改定いたします。
 お客さまにおかれましては、ユニバーサルサービス制度についてご理解いただき、ご協力を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

現行
(2007年12月まで)
改定後
(2008年1月から)
7円(税込7.35円) 6円(税込6.3円)
「ユニバーサルサービス制度」はユニバーサルサービスの提供確保に必要な費用が不足した場合に、その費用を一定規模以上の電話会社全体で応分に負担する仕組みです。
ユニバーサルサービス料金改定に伴い、「カーナビ専用定額サービス」の一括払いの料金を2008年1月1日より、一年払いを11,550円(税込)に、三年払いを31,500円(税込)に改定いたします。(ユニバーサルサービス料は別途かかります)
以 上