世界初 Windows Vista®、インテル® Centrino® Atom™ プロセッサー・テクノロジー搭載の通信端末 Ultra Mobile WILLCOM D4を開発・発売

プレスリリース 2008年4月14日

ウィルコム
シャープ株式会社
マイクロソフト株式会社
インテル株式会社

世界初※1 Windows Vista®、
インテル® Centrino® Atom™ プロセッサー・テクノロジー搭載の通信端末
Ultra Mobile WILLCOM D4を開発・発売

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹、以下:ウィルコム)とシャープ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:山 幹雄、以下:シャープ)は、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下:マイクロソフト)、インテル株式会社(東京本社:東京都千代田区、代表取締役共同社長:吉田 和正 /ロビー・スウィヌン、以下:インテル)の支援を得て、新しい モバイルコミュニケーションマシン“WILLCOM D4(ディーフォー)”を開発、ウィルコムより2008年6月中旬(予定)に発売いたします。
 
 “WILLCOM D4”は、マイクロソフト最新のオペレーティングシステムWindows Vista®を採用し、幅広いアプリケーションソフトやインターネットサービスへの対応を実現するとともに、優れたモバイル性能と低消費電力を可能とするインテルのインテル® Centrino® Atom™プロセッサー・テクノロジーを搭載した世界初※1の通信端末です。

 ウィルコムの全国99.4%をカバーする広いエリアでPHSデータ通信がリーズナブルにご利用いただけるほか、内蔵のワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g準拠)や専用クレードル(別売)に搭載のLAN端子を使った固定回線※2も活用でき、お客さまのご利用場所に応じてシームレスなデータ通信が利用可能となります。また、付属のヘッドセットやBluetooth®ハンドセット(別売)を利用することにより、本機を操作しながらウィルコムの高音質な音声通話がお楽しみいただけます。さらに、ウィルコムのネットワークサービスにも対応し、Windows®が休止・スリープ状態でも自動的にメール着信する「Eメール自動受信」や遠隔からのリモートロックサービスに対応するなどケータイとしての利便性も兼ね備えています。

 本製品は、用途に応じて使い分けできる3Wayスタイルを採用。キーボードを閉じたViewスタイル、キーボードをスライドさせたInputスタイル、さらに画面をチルトしてノートパソコンのように操作するDeskスタイルにより、家庭やオフィス、モバイルなど様々な利用シーンに応じたスタイルで活用いただけます。また、表示部は、シャープ製5型ワイドTFT液晶を搭載。大画面で高精細のため、横スクロールなしにウェブページが表示でき、メール着信などを知らせるサイドバーガジェットの同時表示にも便利なほか、内蔵のカメラで撮った写真も美しい画面で楽しめます。

 マイクロソフトの最新オペレーティングシステム Microsoft Windows Vista® Home Premium with Service Pack 1を搭載することにより、モバイルデバイスに最適な安定性や高いセキュリティを実現します。また、豊富な周辺機器、アプリケーション、WEBサービスが利用でき、最新のデジタルワークスタイル、およびデジタルライフスタイルを楽しむことができます。さらに、最新版の2007 Microsoft® Office systemの進化したグラフィック機能により、仕事の生産性の向上をサポートします。家庭や仕事のPCで利用している2007 Office systemのフル機能を搭載しており、プレゼンテーションなどにも活用できます。

 開発のベースには、インテル® Centrino® Atom™プロセッサー・テクノロジーを採用しました。インテル® Centrino® Atom™プロセッサー・テクノロジーは、モバイル・インターネット端末向けにインテルが新たに開発した最新の技術で、新しいモバイル・インターネット体験を提供します。インテル® Centrino® Atom™プロセッサー・テクノロジーは、世界最小※3のトランジスターで製造されるインテル最小のプロセッサー「インテル® Atom™プロセッサー」、グラフィックス機能内蔵の低消費電力コンパニオン・チップ「インテル® システム・コントローラー・ハブ」、およびワイヤレス接続機能が含まれています。これを搭載するポケットサイズの“WILLCOM D4”は、各コンポーネントが、相互に関連しながら機能することにより、外出先や移動中でも快適なモバイル・インターネット体験ができるように設計されています。
 なお、4社が会員企業として参加する「ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム」※4で展開されるマーケティングシナリオと“WILLCOM D4”の組合せにより、デジタルライフにおけるモバイルコミュニケーションマシンの新しい活用方法を創出してまいります。
 “WILLCOM D4”は、今後、本格的な広がりが期待される移動体通信と有線通信を融合したFMC(Fixed Mobile Convergence)サービスとの高い親和性や、ウィルコムが「次世代PHS」で実現を目指すワイヤレスブロードバンドでのモバイルコミュニケーションスタイルも視野に入れた革新的な製品です。
 ウィルコム、シャープ、マイクロソフトおよびインテルは、各社の最新の技術を結集した戦略的な新製品“WILLCOM D4”を、次世代のモバイルコミュニケーションマシンとして提案し、新しいモバイルマーケットを開拓してまいります。

※1 Windows Vista®、インテル® Centrino® Atom™プロセッサー・テクノロジーを搭載した通信端末において 
4月14日現在
※2 別途、プロバイダーとのインターネット接続サービスのご契約が必要です。
※3 インテル® Atom™プロセッサー・テクノロジーの詳細については、
http://www.intel.co.jp/jp/personal/products/mids/index.htmをご覧ください。
※4 ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムとは、参加メンバー各社が、業界の枠を越え、各社の提供する情報デジタル機器(PC、携帯電話、デジタル家電など)、情報・コンテンツサービスを相互に連携することで、革新的なデジタルライフスタイルの創造と利用者へのシナリオ(利用形態)提案を共同で行うことを目指し、2007年11月に設立しました。現在の参加企業は66社です。(2008年4月時点)

■ “WILLCOM D4”の主な特長
1. PHS・ワイヤレスLAN・固定回線を自在に切り換えアクセスできる、さらにPHS音声通話やメール自動受信にも対応
PHS高度化通信規格W-OAM対応のW-SIMが内蔵できるスロットを装備。人口カバー率99.4%の広いエリアで、最大204kbpsのデータ通信が利用可能なので、外出先からのブログ更新やネット検索などが気軽に行えます。さらにPHS通信のほか、内蔵のワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g)、専用クレードル(別売)搭載のLAN端子による固定回線の3つから、最適な回線を選んで接続できます。
Windows Vista®搭載機でありながら、PHS音声通話※1やEメール自動受信※2に対応。付属のヘッドセットの他、別売のBluetooth®ハンドセット(別売)を利用して、高品質な通話が利用でき、メールなど画面を見ながらの通話に便利です。また、ウィルコムアカウントのEメールが自動的にWindows®メールで受信できるので、急ぎのメールがすばやくチェックできます。
※1 W-SIMユーザーとして登録を行ったユーザーアカウントでWindows®にログインしている場合(休止・スリープ状態除く)のみ、電話の着信、留守番電話サービスの利用が可能。発信は搭載の「電話」ソフトを起動して行います。
※2 電源オフ時は着信できません。
2. 様々なシーンで持ちたくなる、5型ワイドTFT液晶搭載のスリムな3Wayデザイン
外出先でのゆったりした映像視聴や情報閲覧に最適なViewスタイル、キーボードをスライドさせ、メール作成やブログへの書き込みなどがスムーズに行えるInputスタイル、ノートPCのように置いて使えるDeskスタイルの3Wayデザインを採用しました。縦約84mm×幅約188mm(最短部)、質量約470g※3のコンパクトボディは、カバンにスッキリとおさまるスムースフォルムです。また表面には高級感ある光沢仕上げを、底面にはグリップ感を高めるラバー仕上げを施しました。
動画や画像を美しく表示するWSVGA(1,024×600)対応の5型ワイド液晶は、一般的なホームページを横スクロールなしにたっぷり表示できるだけでなく、Windows®サイドバーの同時表示も可能な高精細さです。またLEDバックライトを採用し、消費電力を抑えました。
表示部の左右には、タッチパッドとマウスボタンを搭載。触れるとイルミネーションライトがオレンジ色に光り、右手親指でマウスポインター移動や画面スクロールといったタッチパッド操作が、左手親指で左右クリックのボタン操作ができるので、スムーズにホームページ閲覧ができます。また、画面を直接タッチしてのクリック操作なども可能です。
※3 2008年4月14日現在の目標値。最終測定結果は本製品ホームページでご案内します。
3. 高機能ソフトや最新のサービスが活用できる、最新のPCテクノロジーを採用
最新のオペレーションシステム・Windows Vista Home Premium with Service Pack1 (SP1)正規版の採用により、文書作成に欠かせないMicrosoft® Office Personal 2007 with Microsoft® Office PowerPoint® 2007 を始めとした幅広い対応アプリケーションソフトはもちろん、オンライントレードや動画投稿サイトなど、パソコン用の最新のネットサービスが活用できます。また、OSに付属のWindows® Media Center※4を使えば、スポーツやアニメなどWindows Vista® Home Premiumならではのインターネットサービスも楽しめます。
高い処理能力と低消費電力を両立する、インテルのモバイル機器向け新プラットフォーム・インテル® Centrino® Atom™プロセッサー・テクノロジーを採用。また、音楽や写真などお気に入りのデータがたっぷり保存できる約40GBハードディスクや、様々なパソコン用周辺機器が接続できるUSB端子※5などを備えました。
※4 コンテンツによってはスムーズに再生されない場合があります。
※5 市販のUSB変換コネクター(USB Aコネクター(メス)⇔USB miniAコネクター(オス))が必要です。
4. 大画面ディスプレイでゆったりパソコン操作できるクレードル(別売)
外部ディスプレイ出力やオーディオ出力、LAN端子、4ポートのUSB端子など豊富な接続端子を備えたクレードル(別売)を使えば、液晶テレビAQUOSなどのハイビジョン対応液晶テレビなどに接続し※6、大画面でパソコン操作が楽しめます。キーボード、マウス、プリンターなどの周辺機器をクレードルに接続しておけば、外出から戻って本体を置くだけで、デスクトップパソコンのようにゆったり使えます。本体に装着中のバッテリーはもちろん、長時間の利用に備え予備のバッテリーも充電できます。
※6 対応する解像度につきましては、順次本製品ホームページにてご案内します。
5. 外出先でもゆったりテレビが楽しめる、ワンセグチューナー内蔵
デスクスタイルにすればポータブルテレビのように置いて視聴でき、外出先でもゆったりとテレビ放送が楽しめます。
6. 撮影してすぐにブログで画像を公開できる、2Mピクセルオートフォーカス対応CMOSカメラ
表示部背面に有効画素数198万画素のCMOSカメラを内蔵。5型ワイドの大画面で撮影画像が確認できるだけでなく、オートフォーカス機能を搭載しているので撮影も簡単です。さらに、その場でブログの公開やメール送信ができ、幅広く活用できます。撮影データは内蔵ハードディスクに保存できるほか、名刺リーダ機能も搭載しているので、住所録データの管理にも便利です。
7. 用途に合わせて連携できる、接続端子と豊富な周辺機器
イヤホン端子のほか、USB2.0対応のUSB端子(miniABコネクター) ※7や拡張端子、microSD™メモリーカードスロットを装備。拡張端子にはクレードルの他、別売のRGB/USBケーブルが接続でき、外出先のプロジェクターに接続してMicrosoft® Office PowerPoint® 2007を使ったプレゼンテーションを行ったり、キーボードやマウスなどの市販の周辺機器を手軽に接続することができます。また、長時間の外出に便利な別売の大容量バッテリーもご用意しました。
※7 USB対応機器と接続するには、市販のUSB変換コネクター(USB Aコネクター(メス)⇔USB miniAコネクター(オス))が必要です。
8. コンピューターウィルスや、万一の紛失に備えたセキュリティ機能
ウィルスの検出・駆除ソフト「ウイルスバスター™2008 90日版」の搭載はもちろん、ウィルコムのセキュリティサービス「リモートロック」※8に対応。万一、本体を紛失した場合には、ウィルコムの電話機から本体へライトメールでロックを指示すれば、Windows®へのログオンができなくなり、不正使用を防げます。さらにリモート消去を指示すれば、紛失した本体内の情報を消去することができ、大切なデータの流出を防げます。
※8 「リモートロック」の詳細はについては、http://www.willcom-inc.com/ja/biz/service/remotelock/index.htmlをご覧ください。
9. 欲しい情報が手軽に入手できる情報配信ツールと、便利なワンタッチメニュー
情報配信ツールは、RSSリーダー機能のほかVideo Pod Cast機能を備えています。別売のクレードル経由で固定回線に接続している夜間に、好みの動画をダウンロードしておき、翌日外出先でオフラインで楽しむ、といった使いこなしが可能です。また、インターネット、メール、電話など、利用頻度の高いソフトを簡単に起動できる使いやすいワンタッチメニューを搭載しました。
10. Microsoft® Office Personal 2007 with Microsoft® Office PowerPoint® 2007搭載
表計算ソフト「Office Excel 2007」やワープロソフト「Office Word 2007」を始め、視覚効果を使った表現豊かなプレゼン資料が作成できる「Office PowerPoint 2007」を標準装備。ビジネスからプライベートまで幅広い文書作成に活用できます。

■ 基本仕様
形名 WS016SH
インストールOS ※1 Windows Vista® Home Premium with Service Pack1 (SP1)正規版
液晶ディスプレイ 5型ワイドTFT液晶(1,024×600/262,144色、タッチパネル/LEDバックライト付)
プラットフォーム
(CPU/チップセット)
インテル® Centrino® Atom™プロセッサー・テクノロジー(インテル® Atom™プロセッサー Z520(1.33GHz)/インテル®システム・コントローラー・ハブ US15W)
メインメモリー 1GB固定(DDR2-533 PC2‐4200対応)
キーボード 64キー(メタルドームスイッチ式、キーピッチ:約12.2mm※2)
ポインティングデバイス イルミネーション付タッチパッド(ホイール機能対応)、タッチパネル
ハードディスク ※3 約40GB(1.8型、Ultra ATA/100)
通信機能 PHS(W-OAM対応W-SIM)、ワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g準拠) ※4、Bluetooth®(Bluetooth®ワイヤレステクノロジーVer.2.0+EDR準拠)
カメラ 有効画素数約198万画素CMOSカメラ内蔵
(オートフォーカス機能、最大記録画素数約192万)
テレビ ワンセグチューナー内蔵
カードスロット micro SD™カードスロット×1※5、W-SIM×1
サウンド機能 High Definition Audioコーデック、スピーカー(モノラル)内蔵
インターフェース イヤホンマイク端子(平型)×1、拡張端子※6×1、
USB(USB2.0準拠、miniABコネクター)端子※7×1
電源 標準バッテリーパック(EA-BL57)、大容量バッテリーパック(EA-BL58、別売)、ACアダプター(EA-UM1V)
バッテリー駆動時間 現在測定中につき、測定でき次第順次ホームページでご案内致します。
http://www.sharp.co.jp/d4/
連続待機時間
外形寸法(突起部除く) 縦約84mm×幅約188~192.3mm×厚さ約25.9mm※8
質量 約470g※8
主な付属品 W-SIMカード、ヘッドセット、スタイラスペン、標準バッテリーパック、ACアダプター、ソフトケース 等
主なソフトウェア Windows Vista® Home Premium with Service Pack1 (SP1)正規版、Microsoft® Office Personal 2007 with Microsoft® Office PowerPoint 2007、電話、ライトメール、Windows® メール、Windows® アドレス帳、D4 Status Monitor、Windows® Live Messanger 2007、Windows® Internet Explorer® 7、JWORD、ワンタッチメニュー、WILLCOM D4向け情報配信ツール、Windows Media® Player 11、StaionMobile、カメラ、名刺リーダ、NAVITIME、Adobe® Reader 8、オンラインサインアップ、リモートロック、ウィルスバスター2008™ 90日版、ハードディスク消去ユーティリティ、ハードディスクリカバリ/Recovery Disk Creater 他
※1 プレインストールされているOSのみをサポートしています。Windows® Anytime Upgradeはサポートしていません。
※2 一部キーピッチが短くなっている部分があります。
※3 1GB=10億バイトで計算した場合の数値です。
※4 日本国内仕様です。内蔵しているワイヤレスLANモジュールは、電波法に定める技術基準適合証明を受けています。
※5 著作権保護機能、高速転送機能には対応していません。
※6 別売のクレードルおよびRGB/USBケーブルとの接続に使用。
※7 市販のUSB変換コネクター(USB Aコネクター(メス) ⇔ USB miniAコネクター(オス))が必要です。
※8 2008年4月14日現在の目標値。最終測定結果は本製品ホームページでご案内します。
Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows Media、Internet Explorer、PowerPoint、Outlook、ReadyBoost、MicrosoftOfficeロゴ、Microsoft Excelロゴは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
インテル、Intel、Intel Inside、インテル Centrino、インテル Atom は、米国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
BluetoothはBluetooth SLGの登録商標です。
microSD™は、SD Card Associationの商標です。
TREND MICRO、ウイルスバスターは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
Adobeは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ株式会社)の商標です。
AQUOSはシャープ株式会社の登録商標です。
その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

■ “WILLCOM D4”販売価格について
本製品は、「W-VALUE SELECT」をご利用いただいた場合、通常よりもお求めやすい低廉な価格でご購入いただけます。
「W-VALUE SELECT」で分割購入いただき、「新つなぎ放題コース」(月額料金3,880円)にご契約いただいた場合、お客さまは月額5,980円のご負担で“WILLCOM D4”をご利用いただけます。
ウィルコムストアで
新規ご契約の場合
頭金 【1】ウィルコム
ストア
 新規購入価格
【2】「W-VALUE」
割引
【3】お客さま
実質負担額
(【1】-【2】)
「W-VALUE SELECT」
で一括購入の場合
- 128,600 円 1,600円
×24ヵ月
(38,400 円)
90,200 円
「W-VALUE SELECT」
で分割購入の場合
39,800円 3,700円
×24ヵ月
(88,800 円)
「W-VALUE」割引は月々のご利用料金から割引されます。
発売時点の電話機購入価格にて算出しております。
本資料記載の金額は税込みにて計算・記載しております。
「W-VALUE SELECT」の詳細は、http://www.willcom-inc.com/ja/service/w_value/index.html にてご覧ください。

以 上