HONEY BEE<ブルーシールアイスクリームモデル>の発売について

プレスリリース 2008年5月26日

ウィルコム
ウィルコム沖縄
京セラ株式会社
フォーモスト ブルーシール株式会社

HONEY BEE<ブルーシールアイスクリームモデル>の発売について

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹)、ウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)、京セラ株式会社(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:川村 誠)は、2008年2月の発売以来、遊び心あふれるデザインとポップなカラーバリエーション、そして、画面に登場する“ミツバチ”のキャラクターによって大変ご好評をいただいているストレート型音声電話機「HONEY BEE」(京セラ製)と、フォーモスト ブルーシール株式会社(本社:沖縄県浦添市、代表取締役社長:苅谷 奨治)の「ブルーシールアイスクリーム」とのコラボレーションモデル「HONEY BEE<ブルーシールアイスクリームモデル>(型番:WX331K)」を2008年7月下旬(予定)より発売いたします。
 
 この度の企画は、60周年を起点の年として、ブランドの魅力を全国へ発信していこうとするブルーシールアイスクリームと、次世代PHSのサービス開始に向けて新たなチャレンジをするウィルコム、そしてPHSの魅力を電話機のデザイン・機能面で実現する京セラの想いが一致し、3社のコラボレーションが実現いたしました。
 HONEY BEE<ブルーシールアイスクリームモデル>は、ワッフルコーンをあしらったフレームと人気のアイスクリームフレーバーをイメージし、「S.Fミントチョコ」、「クッキー&クリーム」、「ミルクチョコチップ」の3色のカラーバリエーションで展開いたします。
 今後3社は積極的に共同プロモーションやキャンペーンを展開してまいります。
 詳細につきましては、別紙をご参照ください。
 なお、今回のHONEY BEE<ブルーシールアイスクリームモデル>は、5月27日~28日に開催される「WILLCOM FORUM & EXPO 2008」(http://www.willcom-forum.jp/、会場:東京ミッドタウン ホール&カンファレンス)にて、展示させていただきます。
※「HONEY BEE」は、京セラの商標です。

【別紙】
■ HONEY BEE<ブルーシールアイスクリーム>の特長
○ オリジナル個装箱
実際のアイスクリームパッケージをモチーフにした楽しい外観のオリジナル個装箱を採用いたしました。
○ オリジナル待受画面
ボリュームのあるパフェや多種類のフレーバーのにぎやかなデザイン、沖縄らしいデザイン、高級アイスをイメージしたデザインなど、5種類のオリジナル待受画面を搭載いたしました。
■ 発売日 : 2008年7月下旬(予定)
■ 価格 : 未定
■ ブルーシールアイスクリームについて
今年で60周年を迎える、沖縄発の老舗アイスクリームブランドで、沖縄県を中心に、全国の沖縄物産ショップ、沖縄料理店で取扱っており、通信販売も行っています。紅イモやシークヮーサー、ゴーヤー、美らイモなど地元沖縄県産の素材を使用した濃厚ながら後味さっぱりのフレーバーが特長で、全国の幅広い年齢層の方々に親しまれています。
2008年4月には「ブルーシールカフェ渋谷」「ブルーシールカフェ クロスガーデン多摩店」をオープンするなど、今後も積極的な出店を計画しており、注目を集めています。
http://www.blueseal.co.jp/
HONEY BEE <ブルーシールアイスクリームモデル>
以 上