有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)の更なる普及促進に向けた取り組みについて

プレスリリース 2008年9月12日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)の
更なる普及促進に向けた取り組みについて

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹)およびウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)は、青少年のお客さまにさらに「安心」・「安全」にウィルコムのサービスをご利用いただくために、「有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)」のより一層の認知向上および利用促進を目指し以下の施策を順次実施いたします。

1. フィルタリングサービス利用促進に向けた更なる周知徹底の実施
 フィルタリングサービス未加入で親権者から不要との申告がない18歳未満の既存のお客さまに対して、Eメールなどを活用し周知活動をさらに積極的に実施することで同サービスの認知向上を図るとともに、お客さまのご利用の意思確認を徹底したうえで同サービスの一層の利用促進を目指してまいります。
2. 第三者機関リスト・カテゴリの反映
 有限責任中間法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)の健全サイト認定を踏まえ、2009年1月より順次、ウィルコムが提供するブラックリスト方式のフィルタリングサービスで閲覧不可となっているサイトのうち、EMAに認定されたリストなどを閲覧可能とします。また、カテゴリー基準などにつきましても、第三者機関の意見を踏まえつつ、必要に応じて随時改善を実施してまいります。
3. 「高速化サービス」※とフィルタリングサービスの併用が可能に
 ウィルコム電話機でのパケット通信時にブラウジングの体感通信速度を向上させる「高速化サービス」と、「有害サイトアクセス制限サービス」をあわせて利用したいというお客さまからのご要望にお応えし、2008年9月17日(水)より、併用してお使いいただけるようにいたします。これにより、青少年のお客さまはより高速で「安心」・「安全」にウェブサイトにアクセスすることが可能となります。
 今後ともウィルコムは、青少年のお客さまが「安心」・「安全」にご利用いただけるよう、サービスの改善、環境の整備を進めてまいります。
以 上