全国モバイル内線ソリューション「W-VPN」大企業向けにサービスを拡充

プレスリリース 2008年11月18日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

全国モバイル内線ソリューション「W-VPN」
大企業向けにサービスを拡充

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹)およびウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)は、全国モバイル内線ソリューション「W-VPN」(ダブリュー・ブイ・ピー・エヌ)のオフィスの内線網の交換機(PBX)とウィルコムのネットワークを接続する専用回線において、従来の「BRI専用回線」に加え、より多くのPHS電話機を同時に内線としてご利用いただける「PRI専用回線」でのサービスを2008年11月20日(木)より受付開始いたします。

 「W-VPN」は、PBXとウィルコムのネットワークをダイレクトに接続することによって、内線番号をそのまま利用し、オフィスの電話とウィルコムのPHS間の音声通話を定額にするサービスです。「PRI専用回線」を利用することで、従来の「BRI専用回線」よりも1回線あたりでご利用いただける同時通話数が増えるため、多くの回線を利用される大企業においてもリーズナブルなコストで多くのPHS電話機を内線としてお使いいただけます。
 ウィルコムは、PBXおよび関連機器をお取扱いのメーカー・ベンダー各社と連携し、「W-VPN」を提供することにより、オフィスの電話とウィルコムのPHS網を融合させたFMC(Fixed Mobile Convergence)を実現し、新しい価値(バリュー)のあるソリューションサービスをリーズナブルに提供いたします。
PRI(Primary Rate Interface=1次群インターフェース)およびBRI(Basic Rate Interface=基本インターフェース)は、国際電気通信連合(ITU-T)が標準化したISDN回線のインターフェース規格です。PRI専用回線では1回線につき同時23通話、BRI専用回線では1回線につき同時2通話が可能です。
詳細につきましては、以下をご参照ください。
【参考】
1.「W-VPN」サービス概要
 全国モバイル内線ソリューション「W-VPN」では、対応のPHS電話機に内線番号が付与され、ウィルコムの全国のサービスエリア内であれば、内線番号そのままで発着信が可能となります。このため、外出など不在の場合が多い社員への取次ぎが不要となり、業務の効率化、迅速化を実現いたします。
 また、オフィスの内線網の交換機(PBX)とウィルコムのネットワークを専用回線(PRIもしくはBRI)にてダイレクトに接続することにより、オフィスの電話とウィルコムのPHS電話機の音声通話を定額料金でご利用いただけます。これにより企業内の通信コストの大幅な削減が可能となります。
 さらに、「W-VPN」対応のPBXを活用することで、大掛かりな設備が不要なため、リーズナブルな初期コストで導入いただけます。
2.「W-VPN」サービス料金
 「W-VPN」をご利用いただくには、ウィルコム定額プラン、もしくはウィルコムビジネスタイム定額トリプルプランへのご加入、およびW-VPN内線オプションのご契約が必要となります。

月額料金(税込) 初期費用(税込)
専用回線利用料
(1回線あたり)
PRI(23ch) 31,500円 63,000円
BRI(2ch) 5,250円 10,500円
W-VPN内線オプション利用料(1回線あたり) 315円 1,050円
「W-VPN」のご利用には、交換機(PBX)とウィルコム網を接続する専用回線のご契約が必要です。
ウィルコムビジネスタイム定額トリプルプランをご契約の場合、21時~翌1時に「070」からはじまるPHSからの通話(「W-VPN」の通話を含む)は10円/30秒が必要となります。
専用回線1回線のご契約ごとに、電話機5台のW-VPN内線オプションのご契約が必要です。
専用回線は、1年間が最低利用期間となります。1年未満で解約をされる場合、残りの月数の専用回線利用料をお支払いただきます。
専用回線(PRI)の解約に際しては、別途撤去工事費として実費をお支払いいただきます。
3.「PRI専用回線」サービス受付開始時期
 2008年11月20日(木)より受付開始
 詳しくは、ウィルコムのホームページ(http://www.willcom-inc.com/ja/biz/service/wvpn/)にてご案内します。
 ※ 「PRI専用回線」についての詳細は、11月20日(木)以降に掲載いたします。
以 上