「ユニバーサルサービス料」の改定について

プレスリリース 2008年12月3日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

「ユニバーサルサービス料」の改定について

 ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹)およびウィルコム沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:仲里 朝勝)は、電気通信事業法に定められた電話のユニバーサルサービス制度の番号単価改定に伴い、ウィルコムのPHSサービスをご契約いただいているお客さまにご負担をお願いしております「ユニバーサルサービス料」を、2009年2月ご利用分から1番号あたり月額8円 (税込8.4円) に改定いたします。
 ユニバーサルサービス制度とは、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)および西日本電信電話株式会社(NTT西日本)が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を全国で公平かつ安定的に利用できる環境を確保するため、必要な費用を電話会社各社が協力し、応分に負担する電気通信事業法に設けられた制度です。
 社団法人電気通信事業者協会が算定した番号単価(1電話番号あたりの負担額)が2009年2月から月額8円に変更され、この番号単価の変更に係る申請を、総務省は2008年11月25日に認可いたしました。ウィルコムは、これを受け「ユニバーサルサービス料」を改定することといたしました。
 お客さまにおかれましては、ユニバーサルサービス制度についてご理解いただき、ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

現行
(2009年1月まで)
改定後
(2009年2月から)
6円(税込6.3円) 8円(税込8.4円)
以 上