ウィルコムが保険医療福祉分野の公開鍵基盤「HPKI」を利用するためのライセンスの取得・販売について ~医師など国家資格保有の電子的な認証により、医療分野等でのICT化を推進~

プレスリリース 2009年7月13日


ウィルコムが保険医療福祉分野の公開鍵基盤「HPKI」を
利用するためのライセンスの取得・販売について
~医師など国家資格保有の電子的な認証により、医療分野等でのICT化を推進~

 ウィルコム(東京都港区、代表取締役社長 喜久川 政樹:以下ウィルコム)は、三菱電機グループから保険医療福祉分野の公開鍵基盤「HPKI」を利用するためのHPKI標準ICカードドライバーライセンスを取得し、医療介護福祉機関などを対象に7月下旬を目処にライセンスの販売を開始いたします。
 本ドライバーは、三菱電機グループが開発し、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)のJAHIS標準08-002「HPKI対応ICカードガイドライン」に準拠したICカードPKIアプリケーションに対応するICカードドライバーです。
 「HPKI(Healthcare Public Key Infrastructure)」とは、2006年に厚生労働省の「保健医療福祉分野PKI認証局証明書ポリシ」により策定された、医師・薬剤師・看護師などの25の保健医療福祉分野の国家資格と病院長などの4つの医療機関の管理責任者の資格を認証する電子証明書です。
 「HPKI」を利用することで、例えば医師が医師資格を保有することを示す電子署名を付した電子紹介状(診療情報提供書)や電子診断書を電子的に作成し、受け取り側では作成者、医師資格を保有の有無、データが改ざんされていないことを電子的に検証できるようになります。これにより、医師が作成した医療情報が正当なものと確認でき、医療サービスの向上にも繋がります。
 ウィルコムでは、電磁波が微弱で医療機器や人体への影響が少ないというPHSの特長を活かし、医療分野におけるICT化の実現に向けて、医療機関向けのトータルソリューションを積極的に提案しております。今回HPKI標準ICカードドライバーライセンスの販売を開始し、医療情報の通信に必要なインフラをウィルコムがトータルに提供していくことで、医療分野におけるICT化の普及・拡大をめざします。

以 上