患者さまの満足度向上に貢献する、外来患者向け、待合時間PHSレンタルサービスを提供開始

プレスリリース 2009年9月14日

ウィルコム
株式会社富士通ビー・エス・シー

患者さまの満足度向上に貢献する、
外来患者向け、待合時間PHSレンタルサービスを提供開始

 ウィルコム(東京都港区、代表取締役社長:久保田 幸雄、以下、ウィルコム)と株式会社富士通ビー・エス・シー(東京都港区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下、富士通ビー・エス・シー)は、ウィルコムのPHSを利用した「外来患者呼び出しシステム」を共同開発し、本日より全国の医療機関向けに販売を開始します。
「外来患者呼び出しシステム」の概要は以下の通りです。

医療機関などの外来受付で患者さまにPHSを渡し、診察順がくれば呼び出す仕組みを提供することで受付の混雑を緩和し、患者さまの満足度向上を図る。
呼び出しにウィルコムのPHSを採用したため、病院の内外を問わず運用が可能。
医療機関における待合室の省スペース化が可能。
ノートパソコンと外付けバーコードリーダーで運用するため、従来の専用機器設置タイプと比べて、少ない投資で導入が可能。
職員さまは、バーコードリーダーでPHSと患者バーコードを順に読ませるだけなので、オペレーションが容易。


 これにより、外来患者さまは待ち時間を自由に過ごすことができ、医療機関にとっては患者さまの心的負担の軽減が可能です。
 富士通ビー・エス・シーは本システムにおいて、ソフトウェア製品の開発やシステム環境などの構築を担当しております。
 同社は携帯電話、PHS端末向け「呼出し連携機能」の取組みで培った技術を活かし、携帯電話向け「待合せユーザ呼出システム(仮称)」を開発致しました。この度、ウィルコムのPHSの機能に対応し、外来患者呼び出しシステムの開発・提供を致します。
 ウィルコムのPHSは、電磁波が微弱で医療機器や人体への影響が少ないというPHSの特長を有し、全国4,000以上の医療・福祉機関での通信手段として広く活用されています。本システムではこの特長から、外来患者様にも安心してPHSをご利用いただけます。ウィルコムはすでにPHSを活用中の医療機関だけでなく、患者満足度向上を目指すすべての医療機関に向けて、本システムの提供を進めて参ります。

<参考>
■ 予定価格(全て税抜)
初期費用(予定) 5,800,000円 (受付4カ所、サーバ・クライアントPC費用含む。)
月額通信料(予定) 780円 /台(貸し出すPHS台数による)
年間保守費用(予定) 240,000円 (平日 9:00~17:00の場合)
注)プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
以 上