PHS収納ポケット付き医療分野向けユニフォームの提供について

お知らせ 2010年1月12日

フォーク株式会社
ウィルコム

PHS収納ポケット付き医療分野向けユニフォームの提供について

 フォーク株式会社(本社:埼玉県加須市、代表取締役社長:小谷野 淳、以下フォーク)とウィルコム(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:久保田 幸雄、以下ウィルコム)は、フォークが製造販売している医療分野向けユニフォームの中で特に人気のある「カラー・スクラブ」シリーズ向けに、ウィルコムのPHS「WX220J」と防水型PHS「WX330J」の収納に特化したコラボレート商品を開発し、2010年1月からフォークより販売を開始いたしましたのでお知らせいたします。

 今回、開発した新型スクラブシリーズ「7003SC」は、「医療分野向けユニフォーム」において高い着用率を誇る「カラー・スクラブ」を通じて蓄積したノウハウと、フォークが掲げる「着る人の視点を大切にしたウェアづくり」を融合させて開発した商品です。
 胸ポケットには、女性の胸の膨らみから収納物(PHS)荷重を逃がす配慮が施され、高い着用感を実現し、前屈みになった際に胸ポケットからのPHSが脱落することを防ぐ「落下防止フック」を装備することで、落下によるPHS本体の故障と、それにともなう看護・介護時の障害などを極小化します。これらの特徴を備える本商品によって、医療機関内でのPHSのご利用については、さらに使いやすい環境を提供できるものと考えております。
 今回の共同開発では、ウィルコムが医療現場でのPHS活用事例やPHSにまつわる課題などの情報を提供し、フォークが本商品の開発を担当致しました。
 今後はこのような医療現場の情報交換をきっかけとした、共同商品開発および両社商品の販売連携なども視野に入れ、協力してまいります。
■ ウィルコムについて ( http://www.willcom-inc.com/ )
ウィルコムのPHSは電磁波が微弱で医療機器や人体への影響が少ないという特長・優位性を有しており、全国4,000以上もの医療・介護機関での通信手段として広く活用されています。また、2007年には、全国176ヵ所の国立病院などで組織される独立行政法人 国立病院機構の総合情報ネットワーク「HOSPnet」の構築を受注し、ワイヤレスと有線ネットワークを融合した医療機関向けのトータルソリューションの提供を目指しております。ウィルコムでは今後も、「安心・安全」をキーワードに様々な形で医療分野のICT化に積極的に取り組んでまいります。
■ フォーク株式会社について ( http://www.folk.co.jp
創業以来一貫して繊維一筋の堅実経営に徹し、近年は女性向けユニフォームに特化した商品を展開して参りました。特に2006年からは株式会社ワコールと共同開発したナースウェア『ワコール HI コレクション』を発表。
ナースウェアに初めて、ワコール人間科学研究所の持つ「女性のからだ研究データ」や「皮膚伸展基準線理論」等を盛り込んだもので、人間工学を応用した動きやすさと心地よさ、着用シルエットの美しさを実現しています。
フォークは、今後とも『機能.素材・デザインの全てに、着る人の視点を大切にしたウェアづくり』を追求して参ります。本件の新型スクラブシリーズ「7003SC」は、2010年1月より品番7003SC/メーカー希望小売価格4,515円(消費税込)にてフォークより発売しております。
以 上