ウィルコムプラザにおける災害時非常用電話の無料開放について

プレスリリース 2012年3月8日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

ウィルコムプラザにおける災害時非常用電話の
無料開放について

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄(以下、ウィルコム)は、このたび災害対策の一環として、全国554店舗(2012年3月7日時点)のウィルコムプラザに設置しております「イエデンワ<WX02A>(以下、イエデンワ)」を、大規模災害が起きた場合に災害時非常用電話として無料開放することといたしましたのでお知らせいたします。
 昨年の東日本大震災では、通信規制などにより、携帯電話がつながりにくい事象が起き、全国各地で電話による安否確認などができないという問題がありましたが、ウィルコムはPHS間の通信において通信規制を実施せずにサービス提供を行うことができました。これを受け、ウィルコムでは全国のウィルコムプラザを通じて、地域社会における非常用の通信手段として、イエデンワを無料開放させていただくことといたしました。
 今後もウィルコムは、地域社会の安心・安全に貢献できるよう努力してまいります。

<イエデンワの特長>
イエデンワは、据え置き型のデザインをしたPHS電話機で、省電力というPHSの特長を活かし、AC電源のほかに乾電池でも駆動します。(単3形アルカリ乾電池4本で約800時間駆動、約10時間の連続通話が可能)
無料開放は、地震・台風・洪水・火災などの自然災害などまたはそれに類する事象が発生し、通信手段の確保が著しく困難な状態に陥っていることがウィルコムまたはウィルコムプラザにて確認できた場合となります。
各ウィルコムプラザおよびその近隣の被災状況によっては提供できない場合もあります。
ウィルコムプラザの営業日および営業時間内でのご提供となります。詳しくはウィルコムのホームページでご確認ください。
プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
以 上