【お詫び】一部のお客さまへのご利用料金の返還について

プレスリリース 2012年9月7日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

【お詫び】一部のお客さまへのご利用料金の返還について

 このたび、ウィルコムおよびウィルコム沖縄(以下、ウィルコム)の一部のお客さまに対し、ウィルコム設備の設定漏れにより、誤ったご利用料金を請求していたことが判明したため、対象のご利用料金を返還させていただきます。
 お客さまには、ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
 今後は、チェック体制を強化し再発防止に万全を期すとともに、より一層のサービス向上に努めてまいります。

1. 発生内容
本来、PHS電話機のソフトウェアの更新にかかるパケット通信は非課金としておりますが、ソフトウェア更新用設備の移設時に非課金にするための設定が漏れていたため、一部のお客さまにおいて誤課金が発生いたしました。
2. 発生期間
2012年7月18日(水)午前2:00~8月23日(木)午後8:00
3. 対象のお客さま
京セラ製のPHS電話機(※)をお持ちで、上記期間中にソフトウェアの更新もしくはソフトウェア更新の確認を行ったお客さま
※対象電話機:
WX310K、WX320K、WX320KR、WX330K、WX340K、HONEY BEE<WX331K>、HONEY BEE 2<WX331KC>、HONEY BEE 3<WX333K>、HONEY BEE BOX<WX334K>、HONEY BEE 4<WX350K>、Premium Shell<WX334KP>、BAUM<WX341K>、Premium Bar<WX341KP>、WX01K、Sweetia<WX02K>、LIBERIO<WX03K>、Casablanca<WX05K>
4. 影響規模
平均:約6.5円/回線 (総額:約635万円、回線数:973,443回線)
5. 対象のお客さまへの対応
誤って発生したご利用料金は、2012年9月に請求させていただく2012年8月度ご利用分から減額させていただきますので、請求書またはMy Y!Mobileにてご確認くださいますようお願いいたします。 すでに解約されたお客さまにつきましては、返金方法など詳細について、別途個別にご案内させていただきます。
6. お客さまからの問合わせ先
<ワイモバイルサービスセンター>
ウィルコムの電話から 116、
固定電話、公衆電話、携帯電話から 0120-921-156
受付時間:9:00~20:00(年中無休)
以 上