「イエデンワ2<WX05A>」の発売について ~固定回線にも接続できる、据え置き型ケータイ第2弾~

プレスリリース 2013年3月5日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

「イエデンワ2<WX05A>」の発売について
~固定回線にも接続できる、据え置き型ケータイ第2弾~

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄(以下、ウィルコム)は、「イエデンワ2<WX05A>(以下、「イエデンワ2」)」(株式会社エイビット製)の発売を2013年5月下旬(予定)より開始いたします。発売日、詳細スペック、価格などは別途ご案内いたします。
 「イエデンワ2」は、2011年11月に発売し、これまでに全国120以上の自治体において約8,000カ所に導入された据え置き型ケータイ電話機「イエデンワ<WX02A>」の第2弾として新たに、ご自宅の固定回線にも接続することができるようになりました。面倒な設置工事も一切不要で、コンセントにつなぐだけで使用でき、乾電池でも駆動するので万が一の災害時にも安心です。「イエデンワ2」の主な特長は以下のとおりです。
・慣れ親しんだ受話器と、大きく使いやすいボタン
・固定回線とPHSのデュアル待受け、デュアル発信
・面倒な設置にかかる工事も不要。もしもの時に備えて、乾電池でも駆動
・手ぶらで話せるハンズフリーにも新たに対応

「イエデンワ2<WX05A>」
発売予定日 : 2013年5月下旬(予定)
価格 : 未定

商品の詳細は以下をご参照ください。
●「イエデンワ2<WX05A>」の発売について
~固定回線にも接続できる、据え置き型ケータイ第2弾~
■ 特長
慣れ親しんだ受話器と、大きく使いやすいボタン
PHSでありながら、慣れ親しんだ据え置き型のデザインをした電話機です。長電話するには今のケータイはちょっと小さいと感じているかたも、この「イエデンワ2」なら、受話器も大きく、長電話にも最適なサイズです。また、大きく使いやすいボタンに加え短縮ダイヤル機能もあるので、頻繁に連絡するかたを登録しておくこともできます。
固定回線とPHS回線のデュアル待受け、デュアル発信
PHSに加え、ご自宅の固定回線にも接続できるので、これまでお使いの“自宅番号”も”PHS番号”も、この1台で発信したり着信を受けることができます。発信時には、固定回線とPHS回線のどちらの番号から電話をかけるかをその都度切り替えできるので、たとえばウィルコム同士の通話はPHS回線から、また、PHS番号を知らせたくない相手には固定回線から、などとシーンや通話相手に応じて回線を使い分けることができます。
また、ウィルコムのオプションサービス「だれとでも定額」(月額料980円)にご加入いただくことで、1回あたり10分以内のすべてのケータイ、固定電話へのPHS回線からの国内通話が月500回まで無料※1 でご利用いただけます。
面倒な設置にかかる工事も不要。もしもの時に備えて、乾電池でも駆動
「イエデンワ2」はお申込み後すぐにご利用いただくことができ、面倒な工事などは一切不要です。また、設置の手間もなくコンセントを電源に入れるだけ。さらに、乾電池でも駆動するため、コンセントがない場所で利用したり、万が一の災害時などでも持ち運びができ安心です。
手ぶらで話せるハンズフリーにも新たに対応
従来の「イエデンワ」にはなかった、手が離せない時の通話にも便利なハンズフリー機能を搭載しました。
スペック
商品名 イエデンワ2<WX05A>
メーカー 株式会社エイビット
サイズ(W×H×D) 約200×195×74mm (突起部を除く)
基本機能 質量 約670g
液晶画面 2.7インチ
解像度 128×64ドット
フル充電時間
連続通話時間 [ACアダプター使用時] 制限無し
[推奨乾電池4本使用時] 約8時間 ※2
連続待受時間 [ACアダプター使用時] 制限無し
[推奨乾電池4本使用時] 約800時間 ※2
電話帳 1,000件
赤外線通信
その他の機能 ハンズフリー、固定回線接続(PSTN)
※1  国内の他社ケータイ・固定電話・IP電話へ、1回あたり10分を超える通話についてはご契約の料金コース所定の通話相手先に応じた通話料がかかります。また、国内の他社ケータイ・固定電話・IP電話への1料金月あたり500回を超過した通話は、10分以内についても21円/30秒の通話料がかかります。
※2 推奨電池の単3アルカリ電池[Panasonic LR6XJ]使用時。通話・待受時間はご利用環境、使用頻度、設定によって異なります。
記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
仕様および外観は改良のため、予告なく変更になる場合があります。
プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
以 上