呼び出し音でウィルコムのケータイを判別できる「ウィルコム呼び出し音」サービスを開始

プレスリリース 2013年7月29日

ウィルコム
ウィルコム沖縄

呼び出し音でウィルコムのケータイを判別できる
「ウィルコム呼び出し音」サービスを開始

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄(以下、ウィルコム)は、ウィルコムのケータイに発信した際の最初の呼び出し音で、相手のケータイがウィルコムかどうかを判別できる「ウィルコム呼び出し音」サービスを本日7月29日(月)より順次開始※1いたします。

「ウィルコム呼び出し音」は、ウィルコムのケータイに発信した際に「プルルルルッ、プルルルルッ…」という通常の呼び出し音の前に「ププープー、ププープー」という呼び出し音が約2秒間鳴り、着信先がウィルコムのケータイか他社ケータイかを判別できる※2サービスです。電話をかける際に相手先がウィルコムのケータイであることが確認できるので、ウィルコムのお客さまどうしであれば24時間いつでも安心して無料通話※3を楽しむことができます。
■「ウィルコム呼び出し音」について
「ウィルコム呼び出し音」の「ププープー」は、WILLCOMの"W"の欧文モールス符号「・――(トツーツー)」を参考に設定しています。
なお、2013年11月より、ウィルコムで利用している070から始まる電話番号が、携帯電話でも利用可能となります。また、将来、携帯電話とPHSの間で番号ポータビリティを導入することも検討されていますが、いずれの場合も「ウィルコム呼び出し音」サービスによって、電話をかける際に相手先がウィルコムのケータイであることを確認することが可能です。
  • ※1 2013年10月末までに全国展開完了予定です。
  • ※2 ウィルコムのPHS回線への発信時に限ります(3G回線への発信は対象外)。また、着信先が転送電話を利用している場合は、「ウィルコム呼び出し音」の有無では、ウィルコムのケータイへの通話となるか判別できない場合があります。
  • ※3 「ウィルコムプランLite/D+/W」、「新ウィルコム定額プランS」などの料金プランが対象です。ウィルコムPHS回線の電話番号への通話は何回かけても無料となりますが、悪用防止のため1回あたり2時間45分を超える場合は、超過分について通話料がかかります。いったんお切りいただき再度おかけ直しください(超過分は30秒につき21円)。また、1回あたり16時間を超える通話については、切断させていただく場合があります。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
以 上