Y!mobile

AndroidからiPhoneへの機種変更時のデータ移行に便利!「iOSに移行」について解説

Category : iPhoneAndroidのりかえ


Date:2022.9.30
※表示価格は特に断りがない限り税込です

現在Androidを使用していて、次はiPhoneに機種変更したいと考えている方もいるのではないでしょうか。Apple製品との連携のしやすさやAppleならではの便利な機能など、iPhoneにしかない魅力も数多くあります。

しかし、いざiPhoneへのりかえるとなると、データ移行はどうすれば良いのか、不便になってしまうことはないのかなど、疑問も多く出てくるのではないでしょうか。

本記事では、AndroidからiPhoneへのデータ移行の方法や、のりかえるメリット・デメリットなどを詳しく解説します。

AndroidからiPhoneへのデータ移行は「iOSに移行」で簡単

まずは、AndroidからiPhoneへのデータ移行の方法から解説します。

Apple公式の「iOSに移行」というアプリを利用して、AndroidからiPhoneへ直接データの転送が可能です。

「iOSに移行」でデータ移行する手順は以下の通りです。事前にAndroidで「iOSに移行」のダウンロードを済ませておき、iPhoneの初期設定をしていくなかでデータ移行を進めましょう。

  1. Androidに「iOSに移行」をダウンロード
  2. iPhoneの初期設定で「Appとデータ」まで進んだら「Androidからデータを移行」をタップ
  3. Androidで「iOSに移行」アプリを開く
  4. iPhoneで「Androidから移行」が表示されたら「続ける」をタップ
  5. iPhoneで10桁または6桁のコードが表示されるのでAndroidに入力
  6. Androidで「続ける」をタップ(iPhoneが作成した一時的なWi-Fiに接続される)
  7. Androidで転送するコンテンツを選択し、「続ける」をタップ
  8. iPhoneで転送のバーが最後まで進んだら、Androidで「完了」をタップ

「iOSに移行」でデータ移行できるもの・できないもの

「iOSに移行」では、以下のものがデータ移行できます。

  • 連絡先
  • カレンダー
  • SMS(ショートメッセージサービス)
  • カメラで撮った写真やビデオ
  • ファイルやフォルダ
  • アクセシビリティ設定
  • 表示の設定
  • Webのブックマーク
  • メールアカウント
  • 一部のアプリなど

連絡先や写真など、重要なデータの多くが、「iOSに移行」で移行できます。

一方で、おサイフケータイや一部アプリのなかには「iOSに移行」では引き継ぎができないものもあるので、事前の確認が必要です。

  • おサイフケータイ
  • 一部を除くインストール済のアプリ
  • アプリ内のデータ

インストール済のアプリは、Google PlayとApp Storeの両方で提供されている一部の無料アプリのみ、「iOSに移行」のよるデータ移行で自動的に再度ダウンロードされます。

一部アプリを除いては、個別にダウンロードが必要です。

ゲームなどのアプリ内のデータも、個別に引き継ぎが必要です。
各サービスの提供元の公式サイトなどで引継ぎ方法を確認の上、データ移行を進めていきましょう。

AndroidからiPhoneへのりかえるメリット

AndroidからiPhoneへのりかえるメリットとしては、以下の3つが挙げられます。
それぞれ見ていきましょう。

  • Apple製品との連携が可能
  • アクセサリーが豊富に選べる
  • 今後新たなiPhoneへの機種変更も簡単

Apple製品との連携が可能

Apple製品との連携機能は、iPhoneを使うメリットの一つです。

iPhoneとMacを連携すれば、例えば以下のような機能が使えます。

AirDrop 書類、写真、ビデオなどをワイヤレスで送信
連係カメラ iPhoneで撮った写真をすぐにMacで表示
Handoff デバイス間で作業をシームレスに引き継げる
iPhone セルラー通話 同じネットワーク上にあるiPhoneの電話を受ける・かける

また、Apple Watchを使う場合にもiPhoneが必要です。ワイヤレスイヤホンであるAirPods Proの機能を満足に使えるのも、iPhoneだけです。Apple製品を連携させ、日々の生活で利便性高く利用していきたい方にとって、iPhoneを使うメリットは大きいでしょう。

アクセサリーが豊富に選べる

iPhoneはユーザーの数が多く、スマホケース、フィルムなどのアクセサリーも数多く販売されています。

選択肢が豊富であるため、ご自身の好みのものを見つけることができるでしょう。

今後新たなiPhoneへの機種変更も簡単

一度iPhoneにのりかえ、数年後に再び機種変更行う際もiPhoneを選んだ場合、「クイックスタート」という機能で簡単にデータ移行が可能です。

クイックスタートは、iPhoneの初期設定時に新旧2台のiPhoneを並べて操作することで直接データを転送できる機能です。それまで使っていた設定やデータを失うことなく、すぐに使い始められます。

AndroidからiPhoneへのりかえるデメリット

iPhoneへのりかえるメリットを紹介しましたが、AndroidからiPhoneへのりかえる場合、事前に確認しておきたいデメリットも存在します。

  • 格安な端末がない
  • 操作感が異なるため、慣れるのに時間がかかる場合もある

格安な端末がない

iPhoneの最新機種は、Androidの格安の端末に比べて本体代が高くなる場合があります。

中古の端末は人気によって値段が異なるため比較が難しいですが、新しい端末で比較をするとAndroidの端末は低価格での購入が可能になる場合もあります。

今までAndroidを使用していた方のなかには、端末代金を負担に感じる方もいるかもしれません。

操作感が異なるため慣れるのに時間がかかる場合もある

Androidを使い慣れていると、操作感が異なることによりiPhoneを使いこなせるまで時間がかかる可能性もあります。

また使える電子マネーが異なる場合があるため、今使っている電子マネーを使い続けたい場合は、事前に確認をしておくと良いでしょう。

機種変更と合わせてのりかえるならワイモバイルがおすすめ

Androidスマホからの機種変更と合わせて通信会社をのりかえるなら、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルでは、iPhone 12 / iPhone 12 mini、iPhone SE (第3世代)を販売中です。オンラインストアでは、他社からののりかえなどで端末代が割引になるキャンペーンも実施されることがあるので要チェックです。

ソフトバンクのサブブランドとして格安SIM、格安スマホを提供しているワイモバイルでは、全国約2,500店で安心の対面サポートを実施しています。

店頭クルーが、のりかえや機種変更、データ移行などのサポートをしていますので、「のりかえが無事できるか心配」「データ移行で悩んでいる」という方でも安心して利用いただけます。

シンプルな3つの料金プラン

ワイモバイルではおうちのネット(「SoftBank 光」や「SoftBank Air」)とのセット割引の「おうち割 光セット(A)」が適用でき、インターネットとセットでおトクにスマホが使えます。「シンプル2 S」では「おうち割 光セット(A)」および、PayPayカード支払いで割引になる「PayPayカード割」適用でスマホを月額基本料 税抜980円(1,078円)で利用できます。

料金プランは3種類あり、毎月のデータ使用量に合ったプランを選択できます。
次の表は、ワイモバイルの料金プランをまとめたものです。

シンプル2 S シンプル2 M シンプル2 L
月間データ容量 4GB 20GB 30GB
月額基本料 税抜 2,150円
(2,365円)
税抜 3,650円
(4,015円)
税抜 4,650円
(5,115円)
月額割引
SoftBank 光・SoftBank Airに加入で
おうち割 光セット(A)
税抜 -1,000円
(1,100円)
税抜 -1,500円
(1,650円)
税抜 -1,500円
(1,650円)
PayPayカード支払いで
PayPayカード割
税抜 -170円
(187円)
割引後の月額基本使用料 税抜 980円
(1,078円)
税抜 1,980円
(2,178円)
税抜 2,980円
(3,278円)
総データ利用量★★
1GB/月以下の場合
税抜980円
(1,078円)
税抜980円
(1,078円)
通話料(一部対象外通話あり) 税抜20円(22円)/30秒

※端末代別途要

【加入例】
SoftBank 光 ファミリーの場合、基本料金5,720円/月+指定オプション550円/月~が別途必要です(2年自動更新プラン:2022年7月1日以降の契約者は、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約には解除料5,720円が必要。)。「家族割引サービス」と併用不可。

★★ 総データ利用量は、くりこし分の利用量と規定容量の利用量の合計です。

【シンプル2 S/M/L】
●1GB以下利用時、シンプル2 Mの場合1,100円/月、シンプル2 Lの場合2,200円/月割り引きます。 ●国内通話は30秒につき22円かかります。国際ローミング・国際電話(海外への通話)・0570等から始まる他社が料金設定している電話番号への通話料・番号案内(104)など、一部対象外の通話があります。●国内SMSは送信文字数に応じて1回あたり3.3~33円です。詳細は当社約款等をご確認ください。●当月ご利用のデータ通信量が規定容量(4GB/20GB/30GB)とデータ増量オプションで追加されたデータ容量(データ増量オプション加入者のみ。(2GB/5GB/5GB)の合計を超えた場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について、シンプル2 Sは最大300kbps、シンプル2 M/Lは1Mbps)を行います。更に規定容量の半分(2GB/10GB/15GB)を消費した場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について最大128kbps)を行います。●契約事務手数料3,850円、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料が別途かかります。

【おうち割 光セット(A)】
●固定通信サービス1回線につき携帯電話回線(スマートフォン/ケータイ/タブレット/モバイルWi-Fiルーター)最大10回線まで適用。 ●シンプルS/M/Lは毎月1,188円割引、スマホベーシックプランS/M/R/L、データベーシックプランL、Pocket WiFi®プラン2(ベーシック)、スマホプランS、データプランL、Pocket WiFi®プラン2は毎月550円割引、スマホプランM/Rは毎月770円割引、スマホプランLは毎月1,100円割引します。●「家族割引」、「光おトク割」、「おうち割 光セット(A)申込特典」との重複適用はされません。●SoftBank 光 自動更新なしプランは対象外。

【PayPayカード割】
●適用条件:請求締日時点で、PayPayカードが、ご利用料金のお支払い方法として適用されているとき。 ●PayPayカードゴールド/家族カードも対象です。 ●請求代行サービスを利用している場合、適用されません。 ●割引対象料金プランの基本使用料が日割となる場合、本割引サービスの割引額は日割となります。 ●譲渡・承継又は解約された場合等は、前請求月で割引は終了します。

また、ワイモバイルでは余ったデータ量を翌月まで繰り越せます。 「シンプル2 M」の場合、当月のデータ量が5GB余ったら、翌月の月間データ容量は25GBに増えます。

手続き不要で自動で適用されるので、スマホのデータ使用量にばらつきがある方でも無駄なくおトクに使えます。

ワイモバイルの料金プランについて詳しくはこちら

ダイアンの津田とユースケ登場! 料金プランを5分で解説

【データくりこし】
●くりこしできるのは、規定容量とデータ増量オプションで増加したデータ容量のみであり、通常速度に戻す申し込みで追加購入されたデータ容量はくりこしできません。くりこしされるデータは100MB未満は切り捨てとなります。くりこしたデータ容量は翌月末まで利用可能です。● データ量はくりこし分>規定容量(データ増量オプションによるデータ増量を含む)>追加購入データ量の順に消費されます。 ●シェアプランについて、親回線とデータ容量を分け合っている期間(シェア適用中)はデータがくりこしできます。ただし、親回線とのシェアが開始になる前月およびシェアが解除になる最終月の余ったデータ容量は翌月にくりこしされません。

さらに各プランでは初めてデータ増量オプションに加入することで、最大7ヵ月間は、「データ増量無料キャンペーン3」が適用され「データ増量オプション(550円/月)」が無料になります。

つまり最大7ヵ月間は「シンプル2 S」が4GB→6GB、「シンプル2 M」が20GB→25GB、「シンプル2 L」が30GB→35GBまで無料で増量できます。

「データ増量オプション」について詳しくはこちら
「データ増量無料キャンペーン3」について詳しくはこちら

【データ増量オプション】
●月途中の加入・解約の場合でも、月額料の日割り計算は行いません。 ●新規契約と同時にお申し込みの場合、お申し込み当月から適用になります。それ以外のお申し込みの場合、お申し込み翌月からの適用となります。 ●本オプションによって追加されたデータ容量は、指定料金プランのデータ容量と同様にデータくりこしの対象となります。 ●翌月へくりこしできるデータ容量の上限は、翌月加入のプランのデータ容量(データ増量オプションによる増量分を含む)までとなります。 ● データ量はくりこし分>規定容量(データ増量オプションによるデータ増量を含む)>追加購入データ量の順に消費されます。 ● くりこしたデータ容量は翌月末まで利用可能です。くりこしできるのは、規定容量とデータ増量オプションで増加したデータ容量のみであり、通常速度に戻す申し込みで追加購入されたデータ容量はくりこしできません。くりこしされるデータは100MB未満は切り捨てとなります。 ● シェアプランについて、親回線とデータ容量を分け合っている期間(シェア適用中)はデータがくりこしできます。ただし、親回線とのシェアが開始になる前月およびシェアが解除になる最終月の余ったデータ容量は翌月にくりこしされません。 ●本オプションはデータ容量を増量する過去のキャンペーン(データ容量2倍キャンペーンなど)と併用はできません。 ●本キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更する場合があります。

【データ増量無料キャンペーン3】
●データ増量オプションの月額料が加入翌月から6ヵ月間無料となります。また、オプション加入当月はデータ増量オプションの月額料が無料です。 ●回線を解約された場合は、その当月利用分までの割引適用となります。 ●法人のお客さまは対象外となります。 ●特典適用期間終了後、解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分からオプション料金が発生いたします。 ●本キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更する場合があります。

iPhoneへの機種変更と合わせて、毎月の携帯料金も見直したいと考えている方は、ぜひワイモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

AndroidからiPhoneへのデータ移行の方法や、メリット・デメリットなどを紹介しました。

AndroidからiPhoneへのデータ移行は「iOSに移行」のアプリで簡単にできます。Androidでアプリをダウンロードの上、iPhoneの初期設定でデータ移行を進めていきましょう。

また、ワイモバイルでは、iPhoneをおトクに販売中です。

「シンプル2 S/M/L」で、毎月の携帯料金も節約できる可能性もあるので、ぜひ機種変更の際はあわせて、のりかえを検討してみてはいかがでしょうか。

  • LINE

SHARE

トップへ戻る