Y!mobile

SIMカードの入れ替え方は?iPhoneとAndroidに分けて手順や設定方法を解説!

Category : SIMのりかえ


Date:2022.9.30

SIMカードを入れ替えれば別の携帯電話会社の回線につながり、インターネットや電話が利用できます。

ただしSIMカードの入れ替えはスマホによって手順が異なり、注意も必要です。本記事では、SIMカードの入れ替え方をiPhoneとAndroidに分けて解説します。

SIMカードとは

SIMカードとは、携帯電話会社と契約者の情報が記録されている小型のICカードです。

スマホやタブレットに挿入すると、SIMカードに紐づけられている携帯電話会社のインターネット回線や電話回線とつながり、スマホやタブレットでインターネットや電話が利用できます。

つまり、SIMカードがなければ携帯電話会社の回線を利用してのインターネットや電話はできませんが、SIMカードを差し込むことでそれらの利用ができるようになります。

SIMカードの種類とサイズ

SIMカードはサイズが3種類あり、スマホによって適用サイズは異なります。次の表は、SIMカードのサイズを簡単にまとめたものです。

SIMカードの種類 サイズ(縦×横)
標準SIM 25mm×15mm
microSIM 15mm×12mm
nanoSIM 12.3mm×8.8mm

多くの場合、適用サイズと合わないSIMカードは挿入できません。手持ちのSIMカードとスマホの適用サイズが合わないときは、携帯電話会社にSIMカードのサイズ変更を依頼しましょう。

SIMカードを入れ替える際の注意点

SIMカードを入れ替える際の注意点は以下の通りです。

  • SIMロックがかかっていると利用できない
  • ICチップを触らない
  • スマホの電源を切ること
  • 向きを間違えないようにする

SIMロックがかかっていると利用できない

SIMカードを入れ替えれば、すぐにインターネットや電話が利用できるとは限りません。使用しているスマホにSIMロックがかかっていると、別の携帯電話会社のSIMカードに反応しない可能性があります。

SIMロックとはスマホを販売している携帯電話会社が、自社以外のSIMカードを利用できないようにする制限です。

SIMロックがかかっていると、同じ携帯電話会社のSIMカードでしか利用できません。そのため、他社のSIMカードを利用したい場合は、スマホのSIMロックを解除する必要があります。

SIMロックの解除はスマホを販売した携帯電話会社でおこなえます。ご自身で対応すればSIMロック解除にかかる費用は無料になるので、次の手順で試してみましょう。

  1. SIMロックの解除条件を確認する
  2. IMEI番号を確認する
  3. SIMロック解除をWebで申し込む
  4. 端末の利用設定をする

なお、2021年10月以降に発売されたスマホは原則SIMロックが禁止となっているので、SIMロック解除の手続きが必要ありません。

ICチップを触らない

SIMカードの表面にある金色の部分はICチップで、契約者情報のような重要なデータを保存しています。

金色のICチップを素手で触ってしまうと負担がかかり、破損の原因にもなります。ICチップを汚したり、破損したりすると契約者情報をスマホで読み取れなくなり、インターネットや電話が利用できません。

ICチップ部分が汚れたり、破損をしてしまった場合、SIMカードの交換が必要です。そのため、SIMカードを入れ替える際はカードの側面を持ちましょう。

スマホの電源を切ること

近年発売されたスマホは構造上、電源を切らずにSIMカードを入れ替えることが可能です。ただし、SIMカードを入れ替えるときにスマホの電源が入っていると、本体に余計な負担がかかります。

SIMカードを入れ替える際は、電源を切ってからおこなように意識しましょう。

向きを間違えないようにする

機種によって異なりますが、SIMカードをスマホに取り付ける際にはSIMカードを安定させるトレイを用います。

トレイにSIMカードを装着するときに裏表や左右を間違えてしまい、端末に認証されない、トレイがうまくはまらないなどのケースがあります。

SIMカードを入れ替える際はSIMカードの向きを間違えないように注意しましょう。

SIMカードを入れ替える手順

SIMカードを入れ替える手順を、iPhoneとAndroidスマホごとに順番に解説します。

iPhoneの場合

iPhoneは本体からSIMトレイを取り出して、SIMカードを装着します。ただし、SIMトレイの位置はiPhoneの種類によって異なります。

次の表は、iPhoneのSIMトレイの位置を機種ごとにまとめたものです。

※iPhone 4以上の場合
iPhoneの機種 SIMトレイの位置
iPhone 14 Pro*1
iPhone 14 Pro Max*1
iPhone 14*1
iPhone 14 Plus*1
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
本体の左側面

*1 米国で購入した場合を除く。
米国の iPhone 14 モデルには
SIM カードは装着できません。

iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
本体の右側面
iPhone SE( 第 1、第2、第3世代)
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s
iPhone 4 (GSM モデル)
本体の右側面

iPhoneのSIMトレイの取り出し方は以下の通りです。

  1. ペーパークリップ、またはSIMピンを用意する
  2. SIMトレイの下の穴に差し込む
  3. 奥に差し込むとトレイが出てくる

iPhoneのSIMカードを入れ替える場合は、ペーパークリップ、もしくはSIM取り出しツールが必要なので準備しましょう。

なお、トレイを取り出すときに、強く押しすぎないように注意しましょう。SIMトレイを取り出したら、SIMカードをセットしてSIMトレイを戻します。手順は以下の通りです。

  1. SIMカードをSIMトレイから取り出す
  2. SIMトレイに新しいSIMカードを装着する
  3. トレイを外したときと同じ向きに 奥まで差し込む

SIMカードは四隅のいずれかに切り欠きがあります。切り欠きの位置を確認して、SIMトレイに合わせるように装着すれば、ピッタリと収まります。SIMトレイが収まったら、iPhoneを起動して入れ替えたSIMカードの設定をすれば入れ替えは完了です。

Androidの場合

Androidスマホは機種によって、SIMカードを装着する方法が異なります。次の表は、AndroidスマホにSIMカードを入れ替える手順をまとめたものです。

※arrows M03の場合
SIMカードを装着する方法 手順
SIMトレイからの取り出しに
ピンが不要な場合
  1. 本体側面のカバーキャップを外す
  2. トレイを取り出す
  3. SIMカードを外す
  4. 新しいSIMカードをトレイに装着する
  5. トレイを戻す
本体背面に装着する方法
  1. 本体裏の蓋を外す
  2. 機種によってはバッテリーを外す
  3. SIMカードを取り出す
  4. 新しいSIMカードを装着する
  5. バッテリーと蓋を戻す

SIMトレイをピンで取り出す場合は、iPhoneとほぼ同様の手順ですが、表のように機種によってはピンを使わずにトレイを取り出したり、スマホに直接装着したりする場合があります。

間違ったやり方でSIMカードを入れ替えると故障する原因になります。SIMカードを入れ替える際は、スマホの説明書を確認してからおこないましょう。

SIMカードを入れ替えたあとの設定方法

SIMカードを入れ替えたあとの設定方法をiPhoneとAndroidスマホごとに順番に解説します。

IPhoneの場合

iPhoneのSIMカードを入れ替えたあとの設定方法は以下の通りです。

  1. 「設定」をタップする
  2. 「一般」をタップする
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップする
  4. 画面の指示に従って操作する

iPhoneの左上部に現在利用している回線の会社名が表示されます。左上部の表示が入れ替えたSIMカードの携帯電話会社に変更されていれば、設定は完了です。

なお、アップデートの際には、パスワードが必要になる可能性があります。

Androidの場合

AndroidスマホのSIMカードを入れ替えたあとの設定方法は以下の通りです。なお、機種やOSのバージョンによっては名称や表示が異なる場合があります。

  1. 「設定」をタップする
  2. 「無線とネットワーク」をタップする
  3. 「モバイルネットワーク」をタップする
  4. 「アクセスポイント名(APN)」をタップする
  5. 新しいSIMカードのAPNになっているか確認する
  6. APNが未設定の場合は、新しいAPNを設定する
  7. SIMカードのAPNに切り替えたらホーム画面に戻る

APNとはAccess Point Name(アクセスポイント名)の略称で、スマホとインターネットをつなげる中継地点です。携帯電話会社ごとにAPNは異なるため、SIMカードを入れ替えたらAPNの設置が必要になります。

機種によってAPNの設定方法は異なるので、SIMカードを入れ替える際は説明書などを確認しましょう。

SIMカードを入れ替えてキャリアを変更するならワイモバイルがおすすめ

SIMカードを入れ替えて携帯電話会社を変更したいという方には、ワイモバイルがおすすめです。おうちのネット(SoftBank 光やSoftBank Air)とのセットでスマホがおトクに利用できる割引「おうち割 光セット(A)*2」を適用するとことが可能です。こちらは1回線目より、家族全員のワイモバイルの料金が毎月1,188円(税込)割引になります。例えシンプルSなら SoftBank 光・Air ご加入の場合、3GBの高速データ通信がなんと月々基本使用料990円から利用可能です。

次の表は、ワイモバイルの料金プランをまとめたものです。

シンプルS シンプルM シンプルL
月間データ容量 3GB 15GB 25GB
月額基本料 2,178円 3,278円 4,158円
おうち割 光セット(A)*2適用時 990円 2,090円 2,970円
データ通信容量超過時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒

※ 表示価格は特に記載がない限り税込です。消費税の計算上、請求金額と異なる場合があります。
※ 記載は規格上の最大通信速度であり、通信環境・状況により変動します。

*2 SoftBank 光/SoftBank Airの契約要。【加入例】SoftBank 光 ファミリーの場合、月額基本料金5,720円/月+指定オプション550円/月~が別途必要です(2年自動更新プラン:2022年7月1日以降の契約者は、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約には解除料5,720円が必要。詳しくはこちら)。通話料・端末代別途要 家族割引サービスとおうち割光セット(A)は併用不可。

〇通話従量制のサービスです。国内通話は30秒につき22円かかります。国際ローミング・国際電話(海外への通話)・0180、0570等から始まる他社が料金設定している電話番号への通話料・番号案内(104)などは、当該通話料の対象外です。国内SMSは送信文字数に応じて1回あたり3.3円~33円です。詳細は当社約款等をご確認ください。◯当月ご利用のデータ通信量が規定容量(3GB/15GB/25GB)とデータ増量オプションで追加されたデータ容量(データ増量オプション加入者のみ。2GB/5GB/5GB)の合計を超えた場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について、シンプルSは最大300kbps、シンプルM/Lは最大1Mbps)を行います。通常速度に戻す場合は、0.5GBごとに550円の追加料金が必要です。通常速度に戻すお申し込みは、お客さまご自身でMy Y!mobile等からお申し込みが必要です。〇契約事務手数料3,300円、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料が別途かかります。〇記載の割引料金(税抜)は、基本使用料(税抜)から割り引く金額です。

ワイモバイルは料金プランがシンプルで、月額基本料はずっと変わりません。月間データ容量が異なる3つのプランがあり、シンプルLは月間データ容量が25GBと大容量タイプなので、動画や音楽、ゲームアプリなどをたっぷりと楽しみたい方におすすめです。

また、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドのため、大手キャリアと同じ安定した速度で快適に利用できます。スマホの通信費を節約しつつ、通信品質を落としたくない方にピッタリです。

SIMカードを入れ替えておトクなサービスを活用したい、通信費を抑えたいなどと考えている方は、ぜひワイモバイルをご検討ください。

ワイモバイルの料金プランについて詳しくはこちら

まとめ

SIMカードは契約者情報が記録されたICカードで、スマホに装着すると携帯電話会社の回線につながります。SIMカードを入れ替えれば、別の携帯電話会社の回線でインターネットや電話が利用可能になります。

ただし、スマホによってSIMカードの入れ替え方法や手順、設定方法などは異なるので、SIMカードを入れ替える際には、スマホの説明書や携帯電話会社の公式ホームページなどを参照しましょう。

  • LINE

SHARE

トップへ戻る