Y!mobile

Wi-Fiの速度とは?快適に使える目安や速度を確認する方法を解説

Category : 基礎知識便利術トラブル解決


Date:2024.1.26
※表示価格は特に断りがない限り税込です

Wi-Fiの速度はどれくらいあれば十分なのか、どのように確認すればよいのか疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

Wi-Fiの速度が不十分だと、動画の再生が途中で止まる、ビデオ会議で映像が固まってしまうなど不便が生じます。必要な通信速度は用途によって異なるので、ぜひ必要な速度の目安をチェックして、自宅の通信環境の改善に役立てていきましょう。

本記事では、Wi-Fiを快適に使うための速度の目安や確認方法を紹介します。

Wi-Fiの速度とは

Wi-Fiの速度は、単位時間あたりに送受信できるデータ量のことです。通信速度が速いほど、同じ時間により多くのデータを送受信できます。

Wi-Fiの速度が速いほど、動画の読み込みが速くなったり、アプリを短時間でダウンロードできるようになります。以下でWi-Fiの速度に関する基本知識を見ていきましょう。

Wi-Fiの通信速度の単位

通信速度の基本の単位は「bps(ビーピーエス)」です。1bpsは、1秒間に1bit(=0.125B(バイト))のデータの送受信ができる速度を表しています。

Wi-Fiの通信速度では、bpsより大きな単位のkbps(キロビーピーエス)、Mbps(メガビーピーエス)、Gbps(ギガビーピーエス)などがよく使われます。

それぞれbpsの1,000倍、100万倍、10億倍を表す単位です。kbpsの1,000倍がMbps(1Mbps=1,000kbps)、Mbpsの1,000倍がGbps(1Gbps=1,000Mbps)となります。

1秒間に送受信できるデータ量は、それぞれ次の通りです。たとえば、1Gbpsの通信速度があると、1秒間に1MBのデータが送受信できます。

単位 1秒間に送受信できるデータ量
1bit 1bit(=0.125B)
1kbps 1kbit(=0.125kB=125B)
1Mbps 1Mbit(=0.125MB=125kB)
1Gbps 1 Gbit(=0.125GB=125MB)

上りの通信速度と下りの通信速度がある

Wi-Fiには上り(アップロード)と下り(ダウンロード)の通信があり、それぞれに通信速度があります。

契約するWi-Fiサービスを選ぶ際や、スピードテストをして速度を確認する際には、上りと下りの違いは必要な知識になるのでぜひ知っておきましょう。

上りの通信 メールの送信、動画投稿・生配信、SNSの投稿など
下りの通信 メールの受信、動画の視聴、SNS・Webページの閲覧など

通信速度の「理論値」と「実測値」の違い

Wi-Fiサービスの公式サイトに記載されている速度は「最大○○Gbps」など、「最大」という言葉を付けて表現されています。この「最大」という言葉は、その速度が理論値の速度であることを表しています。理想的な通信環境が整ったときに理論的に実現できる速度ということです。

インターネット回線は、ほとんどが理論値としての最大通信速度のみを表示するベストエフォート型で提供されています。実際に使用する環境で速度を計測したときの実測値とは異なるので、この点は理解しておきましょう。

快適にWi-Fiを使うための通信速度の目安は?

快適にWi-Fiを使うための通信速度の目安として、YouTube、Netflix、Zoom、Skypeで推奨される速度を見ていきましょう。

利用用途 推奨される通信速度
YouTubeの視聴 4K UHD 20 Mbps
HD 1080p 5 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p 1.1 Mbps
Netflixの視聴 超高画質 (UHD) 15 Mbps以上
フルHD (FHD) 5 Mbps以上
高画質 (HD) 3 Mbps以上
Zoom 会議 1 対 1 のビデオ通話 高品質ビデオ: 600 kbps(上り / 下り)
1080p HD ビデオ:3.8 Mbps/3.0 Mbps(上り/下り)
グループビデオ通話 高品質ビデオ: 1.0 Mbps/600 kbps(上り/下り)
1080p HD ビデオ: 3.8 Mbps/3.0 Mbps(上り/下り)
Skype 通話 100kbps/100kbps(上り/下り)
ビデオ通話(高品質) 500kbps/500kbps(上り/下り)
ビデオ通話(HD) 1.5Mbps/1.5Mbps(上り/下り)
グループ ビデオ通話(5 人) 4Mbps/512kbps(上り/下り)

ダウンロードと同時に再生をおこなうストリーミング再生で動画を視聴する際には、通信速度が遅いと再生が途中で止まってしまうことがあります。止まることなく再生するためには、各画質で再生に求められるだけの十分な通信速度が必要です。動画の視聴では高画質になるほど、求められる通信速度も高い水準となります。

Zoom会議やSkypeのビデオ通話も通信速度が不十分だと映像が止まることや、音声が途切れることがあります。推奨される通信速度を目安に、十分な速度が出る通信環境を整えていきましょう。

そのほか、オンラインゲームをプレイするなら、30Mbps以上が目安です。格闘ゲームなど動きがあるゲームでは100Mbps以上などあると望ましいです。

Wi-Fi速度を確認する方法

Wi-Fiの速度は、各種スピードテストサイトで測定できます。

スピードテストのサイトは「通信速度」などで検索すると検索画面に表示され、通信速度と、サイトによってはレイテンシを計測できます。

レイテンシとは、サーバーからの応答を受け取る速さを表すもので、数値が小さいほどオンラインゲームでは操作の反映が早くなります。

ご自身が使いやすい各種スピードテストサイトで通信速度を確認し、紹介した通信速度の目安とも照らし合わせながら、ご自宅の通信環境を見直していきましょう。

Wi-Fi速度を改善する方法

ここからは、Wi-Fi速度を改善する方法をいくつか紹介していきます。通信速度を測定して速度が十分でなかった場合や、何となく通信速度が遅く感じる場合は、以下で紹介する方法を実践してみてください。

  • ルーターの設置場所を見直す
  • ルーターが古い場合は買い替えを検討
  • インターネット回線をのりかえる

ルーターの設置場所を見直す

ルーターの設置場所が悪いと、Wi-Fiの通信速度が遅くなることがあります。

ルーターは床から1~2mほどの高さを付けて設置するのが理想的です。Wi-Fiの電波はルーターを中心に全方向に広がるため、部屋の四隅や窓際を避けて高さを付け、設置することで電波が行き届きやすくなります。

また、ルーターの周りに障害物がないかも見直してみてください。特に水槽や花瓶など水の入ったものや金属製のものは電波を吸収する性質があるので、近くにルーターを設置するのは避けるようにしましょう。

そのほか、電子レンジなど電波を発する家電とは電波干渉の可能性があるので、近くに設置するのは避けてください。

ルーターが古い場合は買い替えを検討

お手持ちのルーターが「Wi-Fi 4」以前の規格にしか対応していないなど、対応するWi-Fi規格が古い場合には、
「Wi-Fi 5」や「Wi-Fi 6/6E」に対応しているルーターに買い替えることで、通信速度の改善が期待できます。

Wi-Fi規格の種類は、次の通りです。

規格名 新名称 最大通信速度 周波数
IEEE 802.11ax Wi-Fi 6E 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz/6GHz
Wi-Fi 6 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac Wi-Fi 5 6.9Gbps 5GHz
IEEE 802.11n Wi-Fi 4 600Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11g - 54Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11b - 11Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11a - 54Mbps 5GHz

最新に近い規格に対応しているルーターほど、より高速な通信が期待できます。各規格での通信のためには、子機となるスマホやパソコンなどもその規格に対応している必要があることに注意してください。

インターネット回線をのりかえる

特定の時間帯に通信速度が落ち込むことが多いなど、契約しているインターネット回線自体の通信速度が遅いと考えられる場合には、インターネット回線ののりかえを検討しましょう。

通信速度を重視するなら光回線がおすすめです。ホームルーターやモバイルルーターなど、電波を受信して通信するインターネット回線と比べると、光ファイバーで自宅まで接続される光回線は安定した高速通信が期待できます。自宅のWi-Fiの速度を改善するなら、インターネット回線の種類の変更も検討してみると良いでしょう。

ワイモバイルでは光回線とセットでお得な「おうち割光セット(A)」を提供中

インターネット回線をのりかえるなら、スマホ料金へのセット割引に注目してみるのもおすすめです。セット割引には家族全員に割引が適用されるものもあり、家計全体の通信費を大きく節約できる可能性があります。

ソフトバンクのサブブランドとして格安SIM、格安スマホを提供しているワイモバイルでは、全国約2,500店で安心の対面サポートを実施しています。

店頭クルーが、のりかえや機種変更、データ移行などのサポートをしていますので、「のりかえが無事できるか心配」「データ移行で悩んでいる」という方でも安心して利用いただけます。

シンプルな3つの料金プラン

ワイモバイルではおうちのネット(「SoftBank 光」や「SoftBank Air」)とのセット割引の「おうち割 光セット(A)」が適用でき、インターネットとセットでおトクにスマホが使えます。「シンプル2 S」では「おうち割 光セット(A)」および、PayPayカード支払いで割引になる「PayPayカード割」適用でスマホを月額基本料 税抜980円(1,078円)で利用できます。

料金プランは3種類あり、毎月のデータ使用量に合ったプランを選択できます。
次の表は、ワイモバイルの料金プランをまとめたものです。

シンプル2 S シンプル2 M シンプル2 L
月間データ容量 4GB 20GB 30GB
月額基本料 税抜 2,150円
(2,365円)
税抜 3,650円
(4,015円)
税抜 4,650円
(5,115円)
月額割引
SoftBank 光・SoftBank Airに加入で
おうち割 光セット(A)
税抜 -1,000円
(1,100円)
税抜 -1,500円
(1,650円)
税抜 -1,500円
(1,650円)
PayPayカード支払いで
PayPayカード割
税抜 -170円
(187円)
割引後の月額基本使用料 税抜 980円
(1,078円)
税抜 1,980円
(2,178円)
税抜 2,980円
(3,278円)
総データ利用量★★
1GB/月以下の場合
税抜980円
(1,078円)
税抜980円
(1,078円)
通話料(一部対象外通話あり) 税抜20円(22円)/30秒

※端末代別途要

【加入例】
SoftBank 光 ファミリーの場合、基本料金5,720円/月+指定オプション550円/月~が別途必要です(2年自動更新プラン:2022年7月1日以降の契約者は、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約には解除料5,720円が必要。)。「家族割引サービス」と併用不可。

★★ 総データ利用量は、くりこし分の利用量と規定容量の利用量の合計です。

【シンプル2 S/M/L】
●1GB以下利用時、シンプル2 Mの場合1,100円/月、シンプル2 Lの場合2,200円/月割り引きます。 ●国内通話は30秒につき22円かかります。国際ローミング・国際電話(海外への通話)・0570等から始まる他社が料金設定している電話番号への通話料・番号案内(104)など、一部対象外の通話があります。●国内SMSは送信文字数に応じて1回あたり3.3~33円です。詳細は当社約款等をご確認ください。●当月ご利用のデータ通信量が規定容量(4GB/20GB/30GB)とデータ増量オプションで追加されたデータ容量(データ増量オプション加入者のみ。(2GB/5GB/5GB)の合計を超えた場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について、シンプル2 Sは最大300kbps、シンプル2 M/Lは1Mbps)を行います。更に規定容量の半分(2GB/10GB/15GB)を消費した場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について最大128kbps)を行います。●契約事務手数料3,850円、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料が別途かかります。

【おうち割 光セット(A)】
●固定通信サービス1回線につき携帯電話回線(スマートフォン/ケータイ/タブレット/モバイルWi-Fiルーター)最大10回線まで適用。 ●シンプルS/M/Lは毎月1,188円割引、スマホベーシックプランS/M/R/L、データベーシックプランL、Pocket WiFi®プラン2(ベーシック)、スマホプランS、データプランL、Pocket WiFi®プラン2は毎月550円割引、スマホプランM/Rは毎月770円割引、スマホプランLは毎月1,100円割引します。●「家族割引」、「光おトク割」、「おうち割 光セット(A)申込特典」との重複適用はされません。●SoftBank 光 自動更新なしプランは対象外。

【PayPayカード割】
●適用条件:請求締日時点で、PayPayカードが、ご利用料金のお支払い方法として適用されているとき。 ●PayPayカードゴールド/家族カードも対象です。 ●請求代行サービスを利用している場合、適用されません。 ●割引対象料金プランの基本使用料が日割となる場合、本割引サービスの割引額は日割となります。 ●譲渡・承継又は解約された場合等は、前請求月で割引は終了します。

また、ワイモバイルでは余ったデータ量を翌月まで繰り越せます。 「シンプル2 M」の場合、当月のデータ量が5GB余ったら、翌月の月間データ容量は25GBに増えます。

手続き不要で自動で適用されるので、スマホのデータ使用量にばらつきがある方でも無駄なくおトクに使えます。

ワイモバイルの料金プランについて詳しくはこちら

【データくりこし】
●くりこしできるのは、規定容量とデータ増量オプションで増加したデータ容量のみであり、通常速度に戻す申し込みで追加購入されたデータ容量はくりこしできません。くりこしされるデータは100MB未満は切り捨てとなります。くりこしたデータ容量は翌月末まで利用可能です。● データ量はくりこし分>規定容量(データ増量オプションによるデータ増量を含む)>追加購入データ量の順に消費されます。 ●シェアプランについて、親回線とデータ容量を分け合っている期間(シェア適用中)はデータがくりこしできます。ただし、親回線とのシェアが開始になる前月およびシェアが解除になる最終月の余ったデータ容量は翌月にくりこしされません。

さらに各プランでは初めてデータ増量オプションに加入することで、最大7ヵ月間は、「データ増量無料キャンペーン3」が適用され「データ増量オプション(550円/月)」が無料になります。

つまり最大7ヵ月間は「シンプル2 S」が4GB→6GB、「シンプル2 M」が20GB→25GB、「シンプル2 L」が30GB→35GBまで無料で増量できます。

「データ増量オプション」について詳しくはこちら
「データ増量無料キャンペーン3」について詳しくはこちら

【データ増量オプション】
●月途中の加入・解約の場合でも、月額料の日割り計算は行いません。 ●新規契約と同時にお申し込みの場合、お申し込み当月から適用になります。それ以外のお申し込みの場合、お申し込み翌月からの適用となります。 ●本オプションによって追加されたデータ容量は、指定料金プランのデータ容量と同様にデータくりこしの対象となります。 ●翌月へくりこしできるデータ容量の上限は、翌月加入のプランのデータ容量(データ増量オプションによる増量分を含む)までとなります。 ● データ量はくりこし分>規定容量(データ増量オプションによるデータ増量を含む)>追加購入データ量の順に消費されます。 ● くりこしたデータ容量は翌月末まで利用可能です。くりこしできるのは、規定容量とデータ増量オプションで増加したデータ容量のみであり、通常速度に戻す申し込みで追加購入されたデータ容量はくりこしできません。くりこしされるデータは100MB未満は切り捨てとなります。 ● シェアプランについて、親回線とデータ容量を分け合っている期間(シェア適用中)はデータがくりこしできます。ただし、親回線とのシェアが開始になる前月およびシェアが解除になる最終月の余ったデータ容量は翌月にくりこしされません。 ●本オプションはデータ容量を増量する過去のキャンペーン(データ容量2倍キャンペーンなど)と併用はできません。 ●本キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更する場合があります。

【データ増量無料キャンペーン3】
●データ増量オプションの月額料が加入翌月から6ヵ月間無料となります。また、オプション加入当月はデータ増量オプションの月額料が無料です。 ●回線を解約された場合は、その当月利用分までの割引適用となります。 ●法人のお客さまは対象外となります。 ●特典適用期間終了後、解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分からオプション料金が発生いたします。 ●本キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更する場合があります。

まとめ

Wi-Fiの速度は単位時間に送受信できるデータ量のことで、kbps、Mbps、Gbpsなどの単位がよく使われます。

Wi-Fiの速度は、各種のスピードテストで測定が可能です。ご自宅のWi-Fiの速度が遅い場合には、ルーターの設置場所の見直し、ルーターの買い替え、インターネット回線ののりかえなどを検討してみてください。ぜひWi-Fiの速度の基本知識を役立てて、自宅の通信環境を見直していきましょう。

  • LINE

SHARE

トップへ戻る