Y!mobile

ネットワーク利用制限とは?制限がかかるケース・中古スマホを購入する時の確認方法を紹介

Category : 基礎知識トラブル解決のりかえ


Date:2022.11.30
※表示価格は特に断りがない限り税込です

中古スマホを購入して他キャリアサービスへのりかえを考えている方のなかには、「ネットワーク利用制限がどのようなものなのか」「制限がかかっているか確認するにはどうすれば良いのか」など気になっている方もいるのではないでしょうか。

「ネットワーク利用制限」がかかると、その携帯電話/データ通信端末(以下、携帯電話機)では通信や通話が使えなくなります。

またフリマアプリやオークションなどで流通している中古スマホのなかには、スマホの本体代金の分割払いが滞っている、申込書に虚偽があったなどを理由に、通信を制限される可能性があるため注意が必要です。

本記事ではネットワーク利用制限とは何か、制限がかかるケース、確認方法を紹介します。

ネットワーク利用制限とは

ネットワーク利用制限は、不正契約・不正取得された携帯電話機が犯罪などに利用されるのを防止するために、一定の条件に該当する携帯電話機の通信サービス利用が制限されることです。ネットワーク利用制限がかかると、通信や通話は利用できなくなります。

ネットオークションなどで販売されている中古スマホのなかには、不正に契約、取得されたものもある可能性があります。そのため中古スマホを購入する場合は、事前に出品者に問い合わせるなどネットワーク利用制限がかかっていないものを選びましょう。

ネットワーク利用制限がかかるケース

ネットワーク利用制限がかかるケースとしては、以下などが挙げられます。

  • 窃盗(盗難)や詐欺などの犯罪行為で不正に取得された場合
  • 申込書の記入内容に虚偽が含まれている場合
  • 代金債務(分割払いの支払いなど)の履行がなされていない場合
  • 配送交換のサービスで回収の対象となった場合など

窃盗や詐欺などの犯罪行為による不正取得、申込書の記入内容に虚偽が含まれているなどの不正契約のほか、分割払いが滞った携帯電話機なども、ネットワーク利用制限がかかる可能性があります。

フリマアプリ、ネットオークションなどで中古スマホを購入した場合でも、元の持ち主の本体料金の分割払いの支払いが滞っていると、ネットワーク利用制限がかかる可能性があります。

また、中古スマホの販売店では、分割払い途中(分割払いの未完了)のスマホの取扱いもあります。こちらを購入する場合、元の持ち主の支払いが滞った場合に、ネットワーク利用制限がかかる可能性があります。購入後にネットワーク利用制限がかかった場合、サービスにより交換や返金の保証が付いている場合もありますが、後から制限がかかる可能性がある点は理解しておきましょう。

そのほか、各キャリアサービスでスマホの保証や配送交換のサービスなどがありますが、このサービスで配送交換の回収の対象となった場合も、ネットワーク利用制限がかかるケースに該当します。

ネットワーク利用制限の確認方法

ネットワーク利用制限がかかっているか、かかっていないかは、各キャリアのネットワーク利用制限の確認ページでチェックできます。

例として、以下ではワイモバイル(ソフトバンク)の携帯電話機のネットワーク利用制限の確認方法を紹介します。

  1. ネットワーク利用制限の確認ページを開く
  2. 製品番号(IMEI)を入力し、「確認」を選択
  3. 判定結果が表示されるので確認

判定の結果の種類と意味は以下の通りです。▲は分割払いが滞った場合などに、×に変わる可能性があります。×は既にネットワーク利用制限がかかった状態です。

結果 表示結果の意味
利用できます(後日不正契約が認められた場合を除きます)
利用できますが、代金債務の不履行等により利用制限となる可能性があります
× 利用制限中です
製造番号が確認できません

なお、ネットワーク利用制限を確認する際に入力する各携帯電話機の製品番号(IMEI)は、携帯電話機ごとに割り振られた識別番号です。携帯電話機の設定、製品シール、購入時の箱などから確認できます。iPhone、Androidの設定から確認する手順は以下の通りです。

▼iPhoneでの製品番号(IMEI)の確認方法(iPhone iOS 15の場合)
1. 「設定」>「一般」>「情報」の順に選択
2. 「IMEI」の項目から確認

▼Androidでの製品番号(IMEI)の確認方法(Android 10(機種は Android One S6)の場合)
1. 「設定」>「デバイス情報」>「端末情報」の順に選択
2. 「IMEI」の項目から確認

安心して中古スマホを利用したい方にはワイモバイルの「認定中古品iPhone」

ワイモバイルでは、オンライン限定で「ソフトバンク認定中古品iPhone」を販売中です。

ソフトバンク認定中古品iPhoneについて詳しくはこちら

ソフトバンク認定中古品iPhoneは全て、旧利用者の割賦残債未払い(分割払いの未完了)によるネットワーク利用制限が発生しません。ソフトバンク認定中古品なら初期化クリーニング済みなので、過去に保存されたパスワードやアプリ、写真、動画などの旧入利用者の履歴が削除された状態です。

また、スマホのプロが検査ツールによる機能確認をしており、万が一の時には商品到着後8日以内であれば交換可能なため、「購入後にネットワーク利用制限がかからないか気になる」という方も安心して利用できます。
ワイモバイルの料金プランは、次の通りです。

シンプルS シンプルM シンプルL
月間データ容量 3GB 15GB 25GB
月額基本料 2,178円 3,278円 4,158円
おうち割 光セット(A)*1適用時 990円 2,090円 2,970円
データ通信容量超過時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒

※ 表示価格は特に記載がない限り税込です。消費税の計算上、請求金額と異なる場合があります。
※ 記載は規格上の最大通信速度であり、通信環境・状況により変動します。

*1 SoftBank 光/SoftBank Airの契約要。【加入例】SoftBank 光 ファミリーの場合、月額基本料金5,720円/月+指定オプション550円/月~が別途必要です(2年自動更新プラン:2022年7月1日以降の契約者は、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約には解除料5,720円が必要。詳しくはこちら)。通話料・端末代別途要 家族割引サービスとおうち割光セット(A)は併用不可。

〇通話従量制のサービスです。国内通話は30秒につき22円かかります。国際ローミング・国際電話(海外への通話)・0180、0570等から始まる他社が料金設定している電話番号への通話料・番号案内(104)などは、当該通話料の対象外です。国内SMSは送信文字数に応じて1回あたり3.3円~33円です。詳細は当社約款等をご確認ください。◯当月ご利用のデータ通信量が規定容量(3GB/15GB/25GB)とデータ増量オプションで追加されたデータ容量(データ増量オプション加入者のみ。2GB/5GB/5GB)の合計を超えた場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について、シンプルSは最大300kbps、シンプルM/Lは最大1Mbps)を行います。通常速度に戻す場合は、0.5GBごとに550円の追加料金が必要です。通常速度に戻すお申し込みは、お客さまご自身でMy Y!mobile等からお申し込みが必要です。〇契約事務手数料3,300円、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料が別途かかります。〇記載の価格は税込です。

SoftBank 光やSoftBank Airとのセット割引「おうち割 光セット(A)*1」の適用で、3GBの高速データ通信が月額990円からプランが利用可能です。中古スマホの購入を検討している方は、良品で安心の「ソフトバンク認定中古品iPhone」を活用してワイモバイルにのりかえて、通信費も賢く節約しましょう。

まとめ

ネットワーク利用制限は、不正契約・不正取得された携帯電話機が犯罪などに利用されるのを防止するために、通信・通話の利用を制限するものです。犯罪行為で取得されたスマホのほか、分割払いが滞った中古スマホも制限の対象となります。

ネットワーク利用制限の確認は、各キャリアのネットワーク利用制限の確認ページから可能です。スマホの設定などから製品番号を確認のうえ、各キャリアのページで確認しましょう。ネットワーク利用制限がかかっていない中古スマホを購入して、安心&おトクにのりかえましょう。

  • LINE

SHARE

トップへ戻る