Y!mobile

国産スマホ(日本メーカー製)を選ぶメリットは?機種選びのポイントを紹介!

Category : 基礎知識


Date:2023.3.30
※表示価格は特に断りがない限り税込です

スマホを選ぶなら、Apple、Google、SAMSUNG、Xiaomi、OPPOなど海外メーカーの機種と合わせて、日本メーカーの手がける「国産スマホ」も選択肢です。日本メーカーのスマホとしては、SONYのXperiaシリーズ、SHARPのAQUOSシリーズなどが人気で、日本人の使い方やニーズに合った仕様が魅力となっています。

本記事では、日本メーカーが手がける国産スマホを使うメリットや、国産スマホを選ぶ時のチェックポイントを紹介します。

日本メーカーのスマホを使うメリット

まずは、日本メーカーのスマホを使うメリットを見ていきましょう。メリットは主に2点です。

  • スマホ初心者に優しい機種も多い
  • おサイフケータイや防水・防塵に対応したスマホが多い

スマホ初心者に優しい機種も多い

国産スマホの中には、スマホ初心者に優しい機種も多くあります。特にシニアのスマホデビューに最適化された親切設計のスマホが選べるのは、国産スマホならではです。

例えば、ワイモバイルで取り扱いのある京セラの「かんたんスマホ3」は、スマホデビュー向けの機種の一つです。

こちらの機種では、画面が大きいのに加え、ケータイと同じ感覚で操作できる電話・メール専用ボタンがあり、初めてスマホを使う方も迷わず操作ができます。また、ホーム画面にある「押すだけサポート」のボタンからは、困った時に無料電話相談*1 も可能です。

*1 お客さまがワイモバイル回線を解約された場合にはご利用いただけません。

「かんたんスマホ3」について詳しくはこちら

このように、スマホデビューなどで手厚いサポート機能を求める方は、国産スマホを中心に見ていくと、ぴったりの機種が見つけやすいはずです。

おサイフケータイや防水・防塵に対応したスマホが多い

海外メーカーのスマホは、日本だけでなく海外での販売を前提にしているケースがあり、おサイフケータイ・防水・防塵などの日本向け仕様に対応せずに発売されるケースもあります。

一方で、国産スマホでは、日本での販売を前提にしているため、おサイフケータイ、防水・防塵にしっかり対応している機種が多いです。おサイフケータイ、防水・防塵の機能は必ず欲しいと考えている方は、国産スマホに注目してみると良いでしょう。

日本メーカーのスマホを使うデメリット

日本メーカーのスマホを使うデメリットも確認しておきましょう。デメリットとしては、次の2点が挙げられます。

  • 選べる機種が少なくなる
  • 費用が高くなる可能性がある

選べる機種が少なくなる

国産スマホに絞って選ぶと、選べる機種の数は少なくなります。IT専門調査会社IDC Japan株式会社の調査によると、2022年第1四半期に日本国内で出荷された日本メーカーのスマホは、国内スマートフォン市場出荷台数シェアのうちわずか3割程度でした。

じっくり自分に合う機種を見つけていきたいと考えている方は、海外メーカーの機種も含めて広く検討してみるのがおすすめです。広い候補の中から機種を選定すれば、より自分にあった機種が見つけやすくなるはずです。

費用が高くなる可能性がある

海外メーカーのスマホには、手頃な価格でスペックの良い、コストパフォーマンスに優れる機種も多くあります。国産スマホに絞って選ぶと、コストパフォーマンスの良い海外スマホを候補から外してしまうことになるので、費用が割高になることも考えられます。もちろん国産スマホにもコストパフォーマンスのいい機種はあるので、しっかりと比較した上で検討しましょう。

日本メーカーのスマホを選ぶ時にチェックしておきたいポイント

日本メーカーのスマホを選ぶ時にチェックしておきたいポイントとしては、価格、スペック・機能、サイズの3点です。それぞれのチェックポイントを詳しく見ていきましょう。

価格

価格は、まず押さえておきたいポイントの一つです。「高機能なカメラが欲しい」「ゲームをするために高い処理性能が必要」など、ハイエンドなスペックが必要なら10万円以上の価格帯を中心にスマホをチェックしていきましょう。

一方で、「普段使いとして使えれば十分」と考えているなら、2~8万円程度などの価格帯でもぴったりの機種が見つかるはずです。

価格については、携帯電話会社ののりかえ時の割引適用やアウトレット品を購入できると、金額が大幅に抑えられるケースも多いです。各携帯電話会社のキャンペーンなどは、注目しておきましょう。

スペック・機能

カメラ、処理性能、ディスプレイなどのスペック面や、各種の機能も確認しておきましょう。メーカー独自の機能にも注目です。

例えば、SONYのXperiaのスマホでは、バッテリーへの負荷を軽減しながら充電ができる「いたわり充電」の機能があります。これにより3年後もバッテリーの劣化が少なく、快適に使い続けることができます*2。自分にとってメリットのある機能は搭載されているのか、チェックしましょう。

*2 同タイプバッテリーで充放電を繰り返すシミュレーションに基づく。バッテリーの寿命は利用状況によって変化します。

サイズ

サイズ感も、スマホを選ぶ時には外せないポイントです。大型サイズのスマホは、大画面で見やすいのがメリットです。ただし、重量はそれなりになるので、片手での操作のしやすさやポケットへの収まりを重視するなら、コンパクトなスマホを選ぶと良いでしょう。

写真やスペック表などの情報だけではサイズ感が掴みづらい場合は、携帯電話会社のショップや家電量販店などで実物を確認してみるのがおすすめです。一度手に取って確認しておけば、「思ったものと違った」という失敗は避けられます。

日本メーカーのスマホへの機種変更ならワイモバイルがおすすめ!

日本メーカーのスマホへの機種変更はワイモバイルがおすすめです。ワイモバイルでは、日本メーカーの人気モデルを、お手頃な価格で取り扱っています。料金プランもおトクなので、機種代含め、毎月の料金はしっかり節約できます。

ソフトバンクのサブブランドとして格安SIM、格安スマホを提供しているワイモバイルでは、全国約2,500店で安心の対面サポートを実施しています。

店頭クルーが、のりかえや機種変更、データ移行などのサポートをしていますので、「のりかえが無事できるか心配」「データ移行で悩んでいる」という方でも安心して利用いただけます。

シンプルな3つの料金プラン

ワイモバイルではおうちのネット(「SoftBank 光」や「SoftBank Air」)とのセット割引の「おうち割 光セット(A)」が適用でき、インターネットとセットでおトクにスマホが使えます。「シンプル2 S」では「おうち割 光セット(A)」および、PayPayカード支払いで割引になる「PayPayカード割」適用でスマホを月額基本料 税抜980円(1,078円)で利用できます。

料金プランは3種類あり、毎月のデータ使用量に合ったプランを選択できます。
次の表は、ワイモバイルの料金プランをまとめたものです。

シンプル2 S シンプル2 M シンプル2 L
月間データ容量 4GB 20GB 30GB
月額基本料 税抜 2,150円
(2,365円)
税抜 3,650円
(4,015円)
税抜 4,650円
(5,115円)
月額割引
SoftBank 光・SoftBank Airに加入で
おうち割 光セット(A)
税抜 -1,000円
(1,100円)
税抜 -1,500円
(1,650円)
税抜 -1,500円
(1,650円)
PayPayカード支払いで
PayPayカード割
税抜 -170円
(187円)
割引後の月額基本使用料 税抜 980円
(1,078円)
税抜 1,980円
(2,178円)
税抜 2,980円
(3,278円)
総データ利用量★★
1GB/月以下の場合
税抜980円
(1,078円)
税抜980円
(1,078円)
通話料(一部対象外通話あり) 税抜20円(22円)/30秒

※端末代別途要

【加入例】
SoftBank 光 ファミリーの場合、基本料金5,720円/月+指定オプション550円/月~が別途必要です(2年自動更新プラン:2022年7月1日以降の契約者は、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約には解除料5,720円が必要。)。「家族割引サービス」と併用不可。

★★ 総データ利用量は、くりこし分の利用量と規定容量の利用量の合計です。

【シンプル2 S/M/L】
●1GB以下利用時、シンプル2 Mの場合1,100円/月、シンプル2 Lの場合2,200円/月割り引きます。 ●国内通話は30秒につき22円かかります。国際ローミング・国際電話(海外への通話)・0570等から始まる他社が料金設定している電話番号への通話料・番号案内(104)など、一部対象外の通話があります。●国内SMSは送信文字数に応じて1回あたり3.3~33円です。詳細は当社約款等をご確認ください。●当月ご利用のデータ通信量が規定容量(4GB/20GB/30GB)とデータ増量オプションで追加されたデータ容量(データ増量オプション加入者のみ。(2GB/5GB/5GB)の合計を超えた場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について、シンプル2 Sは最大300kbps、シンプル2 M/Lは1Mbps)を行います。更に規定容量の半分(2GB/10GB/15GB)を消費した場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について最大128kbps)を行います。●契約事務手数料3,850円、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料が別途かかります。

【おうち割 光セット(A)】
●固定通信サービス1回線につき携帯電話回線(スマートフォン/ケータイ/タブレット/モバイルWi-Fiルーター)最大10回線まで適用。 ●シンプルS/M/Lは毎月1,188円割引、スマホベーシックプランS/M/R/L、データベーシックプランL、Pocket WiFi®プラン2(ベーシック)、スマホプランS、データプランL、Pocket WiFi®プラン2は毎月550円割引、スマホプランM/Rは毎月770円割引、スマホプランLは毎月1,100円割引します。●「家族割引」、「光おトク割」、「おうち割 光セット(A)申込特典」との重複適用はされません。●SoftBank 光 自動更新なしプランは対象外。

【PayPayカード割】
●適用条件:請求締日時点で、PayPayカードが、ご利用料金のお支払い方法として適用されているとき。 ●PayPayカードゴールド/家族カードも対象です。 ●請求代行サービスを利用している場合、適用されません。 ●割引対象料金プランの基本使用料が日割となる場合、本割引サービスの割引額は日割となります。 ●譲渡・承継又は解約された場合等は、前請求月で割引は終了します。

また、ワイモバイルでは余ったデータ量を翌月まで繰り越せます。 「シンプル2 M」の場合、当月のデータ量が5GB余ったら、翌月の月間データ容量は25GBに増えます。

手続き不要で自動で適用されるので、スマホのデータ使用量にばらつきがある方でも無駄なくおトクに使えます。

ワイモバイルの料金プランについて詳しくはこちら

ダイアンの津田とユースケ登場! 料金プランを5分で解説

【データくりこし】
●くりこしできるのは、規定容量とデータ増量オプションで増加したデータ容量のみであり、通常速度に戻す申し込みで追加購入されたデータ容量はくりこしできません。くりこしされるデータは100MB未満は切り捨てとなります。くりこしたデータ容量は翌月末まで利用可能です。● データ量はくりこし分>規定容量(データ増量オプションによるデータ増量を含む)>追加購入データ量の順に消費されます。 ●シェアプランについて、親回線とデータ容量を分け合っている期間(シェア適用中)はデータがくりこしできます。ただし、親回線とのシェアが開始になる前月およびシェアが解除になる最終月の余ったデータ容量は翌月にくりこしされません。

さらに各プランでは初めてデータ増量オプションに加入することで、最大7ヵ月間は、「データ増量無料キャンペーン3」が適用され「データ増量オプション(550円/月)」が無料になります。

つまり最大7ヵ月間は「シンプル2 S」が4GB→6GB、「シンプル2 M」が20GB→25GB、「シンプル2 L」が30GB→35GBまで無料で増量できます。

「データ増量オプション」について詳しくはこちら
「データ増量無料キャンペーン3」について詳しくはこちら

【データ増量オプション】
●月途中の加入・解約の場合でも、月額料の日割り計算は行いません。 ●新規契約と同時にお申し込みの場合、お申し込み当月から適用になります。それ以外のお申し込みの場合、お申し込み翌月からの適用となります。 ●本オプションによって追加されたデータ容量は、指定料金プランのデータ容量と同様にデータくりこしの対象となります。 ●翌月へくりこしできるデータ容量の上限は、翌月加入のプランのデータ容量(データ増量オプションによる増量分を含む)までとなります。 ● データ量はくりこし分>規定容量(データ増量オプションによるデータ増量を含む)>追加購入データ量の順に消費されます。 ● くりこしたデータ容量は翌月末まで利用可能です。くりこしできるのは、規定容量とデータ増量オプションで増加したデータ容量のみであり、通常速度に戻す申し込みで追加購入されたデータ容量はくりこしできません。くりこしされるデータは100MB未満は切り捨てとなります。 ● シェアプランについて、親回線とデータ容量を分け合っている期間(シェア適用中)はデータがくりこしできます。ただし、親回線とのシェアが開始になる前月およびシェアが解除になる最終月の余ったデータ容量は翌月にくりこしされません。 ●本オプションはデータ容量を増量する過去のキャンペーン(データ容量2倍キャンペーンなど)と併用はできません。 ●本キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更する場合があります。

【データ増量無料キャンペーン3】
●データ増量オプションの月額料が加入翌月から6ヵ月間無料となります。また、オプション加入当月はデータ増量オプションの月額料が無料です。 ●回線を解約された場合は、その当月利用分までの割引適用となります。 ●法人のお客さまは対象外となります。 ●特典適用期間終了後、解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分からオプション料金が発生いたします。 ●本キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更する場合があります。

ワイモバイルの今イチオシの国産スマホは、次の3機種です。いずれも手頃な価格で、普段使いに最適なスペックを実現するコストパフォーマンスに優れるモデルです。それぞれの機種の特徴を紹介します。

  • Xperia Ace III:大きな文字で長く使える!
  • AQUOS wish2:マットで優しい質感!
  • Android One S10:丸洗い可能で衛生的!

Xperia Ace III(SONY)

コンパクトなサイズ感と、長時間のバッテリーライフなどが魅力の、SONYのエントリースマホです。

大きな文字とアイコンのホーム画面に変更できる「かんたんホーム」の機能があり、シンプルに使えるので、スマホデビューの方にもおすすめです。バッテリー負荷を軽減してバッテリーの劣化を抑える「いたわり充電」にも対応しています。

「Xperia Ace III」について詳しくはこちら

AQUOS wish2(SHARP)

再生プラスチック材を使用した外装と、シンプルな使い心地が魅力のSHARPの国産スマホです。「シンプルで飾らないスマホ」がコンセプトで、マットな調でおしゃれ感のある背面デザインが目を引きます。SoCには「Snapdragon® 695 5G」を搭載し、処理性能は、従来機種から大幅に向上しています*4

*4 AQUOS wishとの比較

「AQUOS wish2」について詳しくはこちら

Android One S10(京セラ)

国内一貫体制で生産される京セラ製の国産スマホです。防水・防塵*5に対応するほか、MIL規格準拠の高いレベルの耐久性も備えています。外装はウイルスが99%減少*6の抗菌・抗ウイルス*7に対応です。本体は、泡タイプのハンドソープやボディソープで丸洗いができ、いつも清潔に使用できます。

*5 【防水・防塵】IPX5/IPX8の防水性能。IP6Xの防塵性能。【耐衝撃】MIL-STD-810H準拠。
*6 独自の抗ウイルス性試験方法にて評価。協力試験機関にて調査実施。
*7 表面に付着した菌の増殖を抑制し、特定ウイルスの数を減少させるものであり、感染予防を保証するものではありません。カメラ部、指紋センサ部、Google アシスタントボタン部は非対応です。SIAAの抗菌・抗ウイルス試験方法に準拠した試験を実施し認証を取得しています。(認証番号:JP0122108A0016W(抗菌)/JP0612108X0002B(抗ウイルス))

「Android One S10」について詳しくはこちら

まとめ

国産スマホは、おサイフケータイ・防水・防塵に対応したスマホのほか、初心者向けの機種も多くあります。価格的には海外メーカーのスマホが優位なこともありますが、日本人の使い方に合わせた仕様は、国産スマホならではの魅力です。ぜひ国産スマホのメリット・デメリットを理解して、機種選びに役立てみてください。

  • LINE

SHARE

トップへ戻る