STREAM S 302HWをご利用のお客さまへ ~ソフトウェア更新のお知らせ~

2016年3月15日

平素はワイモバイルのサービス・商品をご利用いただき誠にありがとうございます。

ご愛用いただいております、STREAM S 302HWにおきまして、ソフトウェア更新を実施いたします。
つきましては、下記「2.ソフトウェア更新の手順」に従い実施いただきますようお願い申し上げます。
※ ソフトウェア更新にかかる通信料は有料です。

1.基本情報

対象機種 STREAM S 302HW
更新内容 セキュリティおよび動作安定性の向上
更新後のソフトウェアバージョン P6 S-L04 V100R001C26B254
提供開始日 2016年3月15日(火)より順次
  • 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
  • ご利用中の端末の更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は<<操作手順>>をご覧ください。


2.ソフトウェア更新の手順

<<[ 302HW ] ソフトウェア更新方法>>を参照してください。



3.ソフトウェア更新に関するご注意

  • LTE/3G回線およびWi-Fiでダウンロードが可能です。
  • LTE/3G回線の場合はパケット通信料がかかります。
  • 国際ローミング利用時にソフトウェアのダウンロードを行った場合は、通信料が高額になる恐れがあります。
  • ソフトウェア更新中は、発着信を含むスマートフォンの各機能をご利用できません。また、緊急通報(110番、118番、119番)をご利用することもできません。
  • ソフトウェア更新の完了までに最大20分程度かかる場合があります。
  • ソフトウェア更新を行う際は通信が切断されないよう、電波状態のよい場所で移動せずに実施してください。
  • ソフトウェア更新中は、絶対に本機の電源を切らないでください。故障の原因となります。
  • ソフトウェア更新は電池を十分に充電した状態で実施してください。ソフトウェア更新中に電池切れになると、故障の原因となる可能性があります。
  • 本機の状況(故障・破損・水濡れ等)によっては、保存されているデータが破損・消失されることがあります。必要なデータは、ソフトウェア更新前にバックアップしておくことをおすすめします。なお、データが破損・消失した場合の損害につきましては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

以上