Y!mobile

MMS機能とは?SMS・iMessageとの違いを詳しく解説!

Category : 基礎知識便利術


Date:2023.4.21
※表示価格は特に断りがない限り税込です

スマホでメッセージのやり取りをする方法の一つとして、「MMS(マルチメディアメッセージングサービス)」というサービスがあります。MMSは、キャリアメールアドレスで、メッセージの送受信ができるサービスです。MMSとは具体的にはどのようなサービスなのか、「SMS(ショートメッセージサービス)」とどう違うのか、気になっている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、MMSのサービスの概要、SMS、iMessage、+メッセージとの違いなどを解説します。メッセージサービスごとの特徴の違いをチェックしていきましょう。

MMSとは

MMSは、「~@ymobile.ne.jp」や「~@softbank.ne.jp」などのキャリアメールのアドレスを利用したメッセージサービスです。チャット形式でメッセージのやり取りができ、長文メールや画像付きメールの送受信にも対応しています。

iPhoneの場合は「メッセージ」アプリから、Androidスマホの場合はキャリアメールのアプリからMMSによるメッセージの送受信が可能です。

SMS・iMessage・+メッセージとの違い

スマホでメッセージのやり取りができるサービスとしては、MMSのほかに、SMS、iMessage、+メッセージなどがあります。MMSとそれぞれのサービスの違いを見ていきましょう。

SMSとの違い

SMSは電話番号を利用したチャット形式のメッセージサービスです。MMSとSMSの違いは、次のとおりです。

MMS SMS
宛先 メールアドレス
電話番号*1
電話番号
最大容量 機種や契約キャリア
によって異なる
670文字
(半角英数字のみ
の場合1530文字まで)
ファイルの添付 可能 不可
送信料 料金プラン
によって異なる
文字数
によって変動する
受信料 無料

*1 送信・受信ともに同じ携帯電話会社利用の場合に限る

MMSではメールアドレスか、電話番号宛(送信・受信ともに同じ携帯電話会社利用の場合に限る)にメッセージを送信できるのに対し、SMSの宛先は他社も含めた電話番号となります。

また、SMSでは、670文字(半角英数字のみの場合1530文字)までという文字数の上限があります。MMSの最大容量については、機種や契約キャリアによって異なります。

なお、MMSではファイルの添付ができ、長文や画像などのやり取りを伴う場合にも、便利に利用できます。SMSはファイルの添付は不可で、簡単な文字のやり取りに特化しています。

SMSについて詳しくはこちら

iMessageとの違い

iMessageは、iOS独自のメッセージ機能です。iPhone、iPad、MacなどのApple製の端末同士でメッセージのやり取りが可能です。

設定からiMessageをオンにしておくと、「メッセージ」アプリでのApple製端末へのメッセージが「iMessage」で送信されます。なお、Androidスマホへの送信は、SMSまたはMMSで送信されます。

iMessageでは、テキストのほか、写真や動画、ボイスメッセージが送受信でき、MMSと同様に文字数の上限はありません。

なお、iMessageは青色の吹き出し、SMS/MMS のメッセージは緑色の吹き出しで表示されるため、吹き出しの色でどちらか判別できます。

+メッセージ

「+メッセージ」は、ドコモ、au、ソフトバンクの3社が共同開発した電話番号だけでやり取りができるサービスです。電話番号を宛先にするのはSMSと共通ですが、+メッセージでは、写真や動画、スタンプなども送受信できます。

送受信できるデータサイズは最大100MBで、MMSと比べてさらに大容量のデータの送受信が可能です。送れるものの種類も、写真、動画、スタンプなど幅広く対応します。そのほか、グループでのメッセージに対応しているのもMMSにはない特徴です。

+メッセージについて詳しくはこちら

MMSでメッセージを送る方法

ここからは、MMSでメッセージを送る方法をiPhone、Androidスマホに分けて紹介します。

iPhoneの場合

iPhoneでは、メッセージアプリからMMSの送信が可能です。送信相手やメッセージの内容に応じて、iMessage・SMS・MMSを自動的に使い分けられます。

メッセージを送る相手がiPhoneを使っている場合、相手の端末でiMessageの受信設定がされていれば、MMSではなく、iMessageで送信されます。

一方、相手がAndroidスマホを使っている送場合は、SMSまたはMMSで送信されます。以下いずれかの条件で送信した場合に、SMSからMMSに切り替わります。

  • 宛先を電話番号ではなくメールアドレスで送信
  • 件名を入力して送信
  • 本文に写真や画像などのファイルを添付して送信

MMS含め、iPhoneからメッセージを送る手順は、次の通りです。
※画像はiPhone SE(第2世代)(iOS 16の場合)

  1. ホーム画面から「メッセージ」をタップ
  2. 画面右上の (新規メッセージ)をタップ

    (新規メッセージ)がない場合、画面左上のをタップし、前の画面に戻ると表示されます。

  3. 宛先を入力(宛先をタップし直接入力、またはをタップし選択)
  4. 本文を入力後、 (または「送信」)をタップし送信完了

Androidスマホの場合

Androidスマホでは、キャリアのメールアプリからMMSの送信が可能です。メールアドレスの初回起動時には初期設定が必要となるので、各キャリアの手順に従って設定を進めましょう。

携帯電話会社をのりかえる際はMMSに対応しているか確認しよう!

MMSを普段利用する方は、携帯電話会社ののりかえの際にのりかえ先のMMSへの対応状況はチェックしましょう。全ての携帯電話会社がMMSに対応しているわけではないので、事前に確認しておくと安心です。

MMSに対応していて、料金も安く抑えられる携帯電話会社を探している方には、ワイモバイルがおすすめです。ワイモバイルでは、MMSとしてキャリアメールの「Y!mobileメール」を利用できます。

ワイモバイルの料金プランは次のとおりです。おうちのネット(「SoftBank 光」や「SoftBank Air」)とのセットでスマホがおトクに利用できる割引「おうち割 光セット(A)」を提供しています。

シンプル2 S シンプル2 M シンプル2 L
月間データ容量 4GB 20GB 30GB
月額基本料 税抜 2,150円
(2,365円)
税抜 3,650円
(4,015円)
税抜 4,650円
(5,115円)
月額割引
SoftBank 光・SoftBank Airに加入で
おうち割 光セット(A)
税抜 -1,000円
(1,100円)
税抜 -1,500円
(1,650円)
税抜 -1,500円
(1,650円)
PayPayカード支払いで
PayPayカード割
税抜 -170円
(187円)
割引後の月額基本使用料 税抜 980円
(1,078円)
税抜 1,980円
(2,178円)
税抜 2,980円
(3,278円)
総データ利用量★★
1GB/月以下の場合
税抜980円
(1,078円)
税抜980円
(1,078円)
通話料(一部対象外通話あり) 税抜20円(22円)/30秒

※端末代別途要

【加入例】
SoftBank 光 ファミリーの場合、基本料金5,720円/月+指定オプション550円/月~が別途必要です(2年自動更新プラン:2022年7月1日以降の契約者は、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約には解除料5,720円が必要。)。「家族割引サービス」と併用不可。

★★ 総データ利用量は、くりこし分の利用量と規定容量の利用量の合計です。

【シンプル2 S/M/L】
●1GB以下利用時、シンプル2 Mの場合1,100円/月、シンプル2 Lの場合2,200円/月割り引きます。 ●国内通話は30秒につき22円かかります。国際ローミング・国際電話(海外への通話)・0570等から始まる他社が料金設定している電話番号への通話料・番号案内(104)など、一部対象外の通話があります。●国内SMSは送信文字数に応じて1回あたり3.3~33円です。詳細は当社約款等をご確認ください。●当月ご利用のデータ通信量が規定容量(4GB/20GB/30GB)とデータ増量オプションで追加されたデータ容量(データ増量オプション加入者のみ。(2GB/5GB/5GB)の合計を超えた場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について、シンプル2 Sは最大300kbps、シンプル2 M/Lは1Mbps)を行います。更に規定容量の半分(2GB/10GB/15GB)を消費した場合、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時について最大128kbps)を行います。●契約事務手数料3,850円、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料が別途かかります。

【おうち割 光セット(A)】
●固定通信サービス1回線につき携帯電話回線(スマートフォン/ケータイ/タブレット/モバイルWi-Fiルーター)最大10回線まで適用。 ●シンプルS/M/Lは毎月1,188円割引、スマホベーシックプランS/M/R/L、データベーシックプランL、Pocket WiFi®プラン2(ベーシック)、スマホプランS、データプランL、Pocket WiFi®プラン2は毎月550円割引、スマホプランM/Rは毎月770円割引、スマホプランLは毎月1,100円割引します。●「家族割引」、「光おトク割」、「おうち割 光セット(A)申込特典」との重複適用はされません。●SoftBank 光 自動更新なしプランは対象外。

【PayPayカード割】
●適用条件:請求締日時点で、PayPayカードが、ご利用料金のお支払い方法として適用されているとき。 ●PayPayカードゴールド/家族カードも対象です。 ●請求代行サービスを利用している場合、適用されません。 ●割引対象料金プランの基本使用料が日割となる場合、本割引サービスの割引額は日割となります。 ●譲渡・承継又は解約された場合等は、前請求月で割引は終了します。

また、ワイモバイルでは、店舗での対面サポートも実施しています。全国約2,500店のワイモバイルショップで、プランや機種についての相談を受け付けています。

MMS対応で料金の安い携帯電話会社を探している方や、サポートを重視したいと考えている方は、ワイモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

ワイモバイルの料金プランについて詳しくはこちら

まとめ

MMSは、メールアドレスを利用したメッセージサービスで、画像付きメールの送受信にも対応しています。iPhoneではメッセージアプリから、AndroidスマホではキャリアのメールアプリからMMSの利用が可能です。ぜひ日々のメッセージのやり取りにMMSを活用しましょう。

  • LINE

SHARE

トップへ戻る