STREAM X ソフトウエア更新について

ソフトウエア更新について

ソフトウエア更新方法

ソフトウェア更新を行わない場合、すでにご案内させていただいた通りテザリング機能が使用できなくなります。 必ず最新のバージョンへソフトウェア更新してくださいますようお願いします。

新しいソフトウエアは、本体にダウンロードされてからインストールされます。
詳しい操作手順は、ソフトウエア更新マニュアルをご覧ください。

ソフトウエア更新マニュアル
(PDF形式 約800KB)
ダウンロード
  • ソフトウェアのダウンロードをモバイルネットワーク(LTE/3G回線)を利用して行う場合、通信料がかかります。通信料はご契約内容によって異なります。
    ※国際ローミングご利用時にソフトウェアのダウンロードを行った場合は、通信料が高額になる恐れがあります。
  • ソフトウェアのダウンロードは、電波状況が良い状態(電波の強さを示すアンテナマークの表示が4本)で、移動せずに実行することをおすすめします。
  • ソフトウェア更新を実行する前に、電池残量が十分残っていることをご確認ください。
  • 内部ストレージに空き容量が200MB以上ある状態でソフトウェアのダウンロードを実行することをおすすめします。事前に空き容量をご確認ください。
  • ソフトウェア更新中はEM chipを取り外したり、電源を切らないでください。更新に失敗することがあります。
  • ソフトウェアの更新には、約20分程度かかります。

その他、こちらのご注意もご確認ください。

  • 通知あり
  • 通知なし

emobile メールおよび emobile メッセージをご利用のお客さまは、ソフトウェア更新完了後、emobile メールおよび emobile メッセージをアップデートしてください。

emobile メールおよび emobile メッセージをご利用のお客さまは、ソフトウェア更新完了後、emobile メールおよび emobile メッセージをアップデートしてください。

ソフトウエア更新について

更新内容
・稀に通話音量が最小化する事象を改善しました。

  • 通信状況やサーバの混雑状況により、ソフトウェア更新のチェックが正しく動作しない場合があります。 その際は、しばらく経ってから操作してください。
  • 最新のソフトウェアの番号(ビルド番号)は「U9700LV100R001C26B217」です。
    ソフトウェアの番号の確認方法については、こちらをご覧ください。

  • ※ SoftBank 3Gエリアでのご利用について
    STREAM X のソフトウェアバージョン番号(ビルド番号の下4桁)が「B136」以前の場合、「B207」以降のソフトウェアへ更新いただくことにより、SoftBank 3Gエリア(プラチナバンド除く)でのご利用が可能となります。更新を行わなかった場合、SoftBank 3Gエリアでのご利用およびテザリング機能が使用できなくなりますので、ご注意ください。

emobileメールおよびemobileメッセージのアップデート

  • emobileメール および emobileメッセージをご利用の方へ
    GL07S のソフトウェアを「B207」以降にバージョンアップした場合、emobileメール
    およびemobileメッセージも最新版にバージョンアップしていただく必要がございます。

    【更新方法】
    emobileメール

    GL07S のホーム画面 → [Playストア] → 「emobileメール」を検索
    emobileメールのページから、最新版に更新してください。
    emobileメッセージ
    GL07S のホーム画面 → [Playストア] → 「emobileメッセージ」を検索
    emobileメッセージのページから、最新版に更新してください。

    また下記 FAQ もご参照ください。
    emobileメールアプリ バージョンアップ方法
    emobileメッセージアプリ バージョンアップ方法

ソフトウエア更新に関するご注意

  • ソフトウエア更新実施の際には「ソフトウエア更新マニュアル GL07S版」の手順をよくお読みください。
  • ソフトウエア更新(ダウンロード)をLTE/3G回線を利用して行う場合、通信料がかかります。通信料はご契約内容によって異なります。
    ※国際ローミングご利用時にソフトウエアのダウンロードを行った場合は、通信料が高額になる恐れがあります。
  • ソフトウエア更新(ダウンロード)は、電波状況が良い状態(アンテナ4本)で、移動せずに実行することをおすすめします。
  • 本体の電池残量が十分にある状態(50%以上)で行ってください。
  • ソフトウエア更新(ダウンロード)を行う場合、内部ストレージに空き容量が200MB以上ある状態で実行することをおすすめします。事前に空き容量をご確認ください。
  • ソフトウエア更新中はEMchip<micro>を取り外したり、電源を切らないでください。更新に失敗することがあります。
  • 次の場合はソフトウエア更新(ダウンロード)を実施できません。
    • 圏外にいるとき
    • 機内モード中
    • ソフトウエア更新(書換)中
  • ソフトウエア更新(書換)には、約20分程度かかります。
  • ソフトウエア更新(書換)中は、電話の発信、着信、各種通話機能およびその他の機能を利用することはできません。
  • 既にソフトウエア更新済みの場合は、ソフトウエア更新のチェックを行った際に「利用できるアップデートはありません。」と表示されます。
  • ソフトウエア更新中に送信されてきた、SMSはSMSセンターに保管されます。
  • ソフトウエア更新の際、お客様のGL07S固有の情報(機種や製造番号など)が、自動的にソフトウエア更新用サーバに送信されます。当社は送信された情報を、ソフトウエア更新以外の目的には利用いたしません。
  • PINコードが設定されているときは、更新(書換)後の再起動の途中でPINコードを入力する画面が表示され、PINコードを入力する必要があります。
  • ソフトウエア更新後に再起動しなかったときは、電源ボタンを10秒以上長押しして本体の再起動を行ってください。
  • ソフトウエア更新に失敗した場合、一切の操作ができなくなる可能性があります。その場合には、大変お手数ですが、こちらのお問い合わせ先までご連絡ください。
  • ソフトウエア更新前に端末に登録されたデータはそのまま残りますが、端末の状況(故障など)により、データが失われる可能性があります。データ消失に関しては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • ※ 写真はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。