ワイモバイルの法人さま向けサイト。ビジネスでもワイモバイル
ご検討・ご購入の方 サポート窓口

スーパーだれとでも定額

  • ※ 当サービスは2020年7月末をもちましてサービスの提供を終了します。

「ケータイプラン」に「スーパーだれとでも定額」オプションサービスを追加いただくと、国内の他社携帯電話や、固定電話・IP電話への通話料が時間・回数の制限なくすべて無料でお使いいただけます。

国内通話 かけ放題

パケット 使い放題

オプション月額料

  月額料 国内通話料 PHSパケット通信
スーパーだれとでも定額 1,500円 無料※1 無料※2

ワイモバイルが指定する電話番号への通話は、本サービスの無料通話対象外となり、ご利用の料金プランに応じた通話料が発生します。また、通話を目的としない利用を続けていた場合は、本オプションを解除するなどの対応を行うことがあります。

  • ※1 3G回線の電話番号による発信は、当サービスの対象外となり、一律30秒につき20円がかかります。
  • ※1 PHS回線の電話番号宛への1回あたり2時間45分を超えた場合の超過分にかかる通話料についても無料対象となります。
  • ※2 3G回線によるデータ通信は、当サービスの対象外となり、別途通信料が発生します。

対象プラン

「スーパーだれとでも定額」・「だれとでも定額」の留意事項

  • 着信転送サービスへの通話料、番号案内サービス「104」の通話・案内料、テレドーム(0180から始まる番号)、ナビダイヤル等(0570から始まる番号)、国際電話サービス、留守番電話メッセージ録音/再生料、国際ローミング、SMS送信料、当社が指定する無料通話対象外電話番号(PDFファイル)は無料通話の対象外です。
  • 「着信転送サービス」における転送先への通話は、ご利用の料金プランに応じた通話料がかかります。
  • スーパーだれとでも定額」と「だれとでも定額」は併用できません。
  • ※ ソフトバンクが、不正な長時間通話と判断した際、通話を切断する場合があります。
  • ※ ソフトバンクが指定し、別途公表する電話番号への通話、および他社着信転送サービス(他の電気通信事業者が有する電話番号[以下「転送元電話番号]を介し、他の電話番号に着信する通話を主たる目的として、転送元電話番号を有する電気通信事業者が提供する電気通信サービス)にかかる通話は、当サービスの無料通話対象とはならないため、ご利用の料金プランに応じた通話料が発生します。
  • ※ 以下に該当する通話を行ったとソフトバンクが判断した場合、ソフトバンクの指定日をもって当サービスは解除、または当該通話について利用の中止を行います。
    • 事前にソフトバンクの許可なく、電話機を機器や設備に接続して利用すること。
    • 通信の媒介、転送機能の利用、または他社が提供するサービスへの接続などで通信による直接収入を得る目的で利用すること。
    • 特定の協定事業者に係る電気通信設備に対し、一方的な発信または機械的な発信により一定時間内に長時間または多数の通信を一定期間継続するもの。
    • 通話以外の用途において利用する通信。
    • 契約者以外の者の用に供され、それが業として行われるものまたは他人の通信を媒介するもの。
詳しくはこちら