マナーについて

みんなが気持ちよく利用するために、あなたのマナーで快適なコミュニケーションを。

「歩きスマホ」はやめましょう

スマートフォンや携帯電話の画面を見ながらの歩行は大変危険です。
周囲の状況に対して不注意になることにより、階段や駅のホームへの転落、自転車や自動車との接触などの事故につながる恐れがあります。また、自分自身だけではなく、周囲のかたを巻き込む事故につながることもあります。
歩きながら、移動しながらの通話や操作は控えましょう。

運転中の使用はやめましょう

  • 道路交通法により、自動車運転中に携帯電話・PHSを利用することは禁止されています。
    また2004年11月からは、運転中の携帯電話・PHSの使用に罰則(5万円以下の罰金)が科せられるようになっています。
    運転中は、安全運転モードや留守番電話サービスなどに切り替え、イヤホンマイクやハンズフリーキットをご利用の場合でも、通話やメールは車を安全な場所に停車してからご利用ください。
  • 自転車利用中のご使用は、周囲への迷惑となるとともに大変危険です。
    通行の邪魔にならない安全な場所に止まるなどしてご利用ください。

カメラ付きケータイを使うときは・・・

  • カメラ付き携帯電話やPHSを使って撮影するときは、著作権や肖像権のほか、プライバシーにも充分配慮して使用しましょう。
    コンサート会場や美術館の展示物など、カメラの持ちこみや撮影が禁止されている場所では使用しないようにしましょう。

電波による医療機器への影響

  • 病院内にはさまざまな医用電気機器があり、携帯電話などの電波によってその動作に影響を与える場合があります。
    電波出力の小さいワイモバイルのケータイ(PHS)は、多くの医療機関や介護の現場で導入されている実績がありますが、個人で利用する際は、医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止などの場所を定めている場合、その医療機関の指示に従うようにしてください。
  • 満員電車の中や優先席付近では、近くにいる乗客や心臓ペースメーカーを装着しているかたに配慮して、電源をOFFにしましょう。

インターネットのマナーについて

  • インターネットは世界中で多くの人が利用していますので、普段の日常生活以上に礼儀やマナーがとても重要です。ちょっとした表現が誤解を招いたり争いのもとになることもありますから、 言葉を選んで相手を不快にさせることのないように心がけましょう。

お子さまのご利用について

  • お子さまが携帯電話をご利用になる際には、親子で利用のルール・マナーについて話し合っていただき、安全・安心な正しい使い方を身につけていただくことをお勧めしております。
  • 詳しくは社団法人電気通信事業者協会のホームページ(http://www.tca.or.jp/mobile/child.html)にてご確認ください。