津波警報

緊急速報メール「津波警報」とは、気象庁が配信する津波警報を、対象沿岸地域を含むエリアに一斉にお知らせするサービスです。津波による災害の発生が予想される場合に、地震が発生してから約3分を目標に気象庁から大津波警報、津波警報または津波注意報が発表されます。

津波警報・注意報の種類

種類 発表基準 発表される津波の高さ 想定される被害と取るべき行動 緊急速報メールでの配信
数値での発表
(津波の高さ予想の区分)
巨大地震の場合の発表
大津波警報 予想される津波の高さが高いところで3mを超える場合。 10m超
(10m<予想高さ)
巨大 木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれます。
ただちに海岸や川沿いから離れ、高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
○
10m
(5m<予想高さ≦10m)
5m
(3m<予想高さ≦5m)
津波警報 予想される津波の高さが高いところで1mを超え、3m以下の場合。 3m
(1m<予想高さ≦3m)
高い 標高の低いところでは津波が襲い、浸水被害が発生します。人は津波による流れに巻き込まれます。
ただちに海岸や川沿いから離れ、高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
○
津波注意報 予想される津波の高さが高いところで0.2m以上、1m以下の場合であって、津波による災害のおそれがある場合。 1m
(0.2m≦予想高さ≦1m)
(表記しない) 海の中では人は速い流れに巻き込まれ、また、養殖いかだが流失し小型船舶が転覆します。
ただちに海から上がって、海岸から離れてください。
×

緊急速報メール「津波警報」では、津波警報 (大津波) と津波警報 (津波) の区別はありません。
また、津波到達予想時刻や予想される津波の高さに関する情報や、津波警報 (大津波、津波)の更新・解除および津波注意報についてはお知らせしません。詳細な情報については防災行政無線やラジオ、テレビなどでご確認ください。

  • 震源が陸地に近いと津波警報が津波の襲来に間に合わないことがあります。強い揺れや弱くても長い揺れがあったらすぐに避難を開始しましょう。
  • 津波は沿岸の地形等の影響により、局所的に予想より高くなる場合があります。ここなら安心と思わず、より高い場所を目指して避難しましょう。
  • 津波は長い時間くり返し襲ってきます。津波警報が解除されるまでは、避難を続けましょう。

「津波警報」の受信イメージ

津波警報

津波警報の専用着信音を聴く

津波に対する心得

津波警報・注意報が発表された時は、災害から身を守るために、一人ひとりが慌てずに適切な判断・行動をとることが重要です。津波についての正しい知識を身につけておき、いざという時には落ち着いて行動できるように日頃から避難方法・避難場所などの確認や防災用品の準備をしておくことが大切です。

  • 強い地震(震度4程度以上)を感じたとき、または弱い地震であっても長い時間ゆっくりとした揺れを感じた時は、直ちに高台や頑丈な高いビルなど安全な場所に避難してください。
  • 強い地震(震度4程度以上)を感じたとき、または弱い地震であっても長い時間ゆっくりとした揺れを感じた時は、直ちに高台や頑丈な高いビルなど安全な場所に避難してください。
  • 津波注意報でも、海水浴や磯釣りは危険なので行わないでください。
  • 津波は繰り返し襲ってくるので、警報、注意報解除まで気を緩めないでください。

津波警報を受信したときの対応

  • 津波警報を受信した時は、直ちに海岸から離れ、高台や頑丈な高いビルなど安全な場所に避難してください。
  • 詳細な情報については防災行政無線やラジオ、テレビなどでご確認ください。
  • 津波は繰り返し襲ってくるので、警報、注意報解除まで気を緩めないでください。
  • 気象庁が配信する津波警報の詳細については、気象庁のホームページをご参照ください。

詳細は気象庁の緊急地震速報のページをご覧ください。

気象庁(津波警報・注意報、津波情報、津波予報について)のホームページへ

よくあるご質問